新しいものづくりがわかるメディア

RSS


早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

早稲田大学理工学術院の梅津信二郎教授、シンガポール南洋理工大学の佐藤裕崇教授らの研究グループは、光造形型3Dプリンターとめっきを組み合わせることで、これまで難しかった複雑な金属/樹脂の複合材料部品や電子回路の作製に成功した。

同研究グループは、複数の樹脂を使用できる光造形3Dプリンターを用いて通常の樹脂と金属イオン含有樹脂を組み合わせた立体構造物を作製。金属イオン含有樹脂に選択的な無電解めっきを適用することで、プラスチック上の特定部位に対して金属めっきを施すというものだ。

解像度40μmの精度で、特定の金属パターンを持つ複雑な金属/プラスチック立体部品や、高集積でカスタマイズ可能な3次元マイクロエレクトロニクスなどの造形が可能になるという。また、この造形プロセスはシンプルな原理を応用しているため、高価な製造装置や複雑なプロセスが不要だという特徴も持つ。

研究者らは、今回の研究成果によって3Dプリンターによって金属とプラスチックから構成される複雑な立体造形物が造形可能なことを実証。次世代エレクトロニクス技術が求められているロボットやIoTデバイスの開発に貢献するものだとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る