新しいものづくりがわかるメディア

RSS


業務DXロボット「ugo」、基本機能を向上させた第4世代モデルを発表

業務DXロボット「ugo」が基本機能を向上させた第4世代(G4モデル)を発表した。また、併せてコンセプトモデルとして業界最小クラスの「ugo mini」を追加した。

ugoはugo株式会社が提供する遠隔操作とAI自動運転のハイブリッド制御を採用した業務支援ロボットだ。「ugo Pro」「ugo R」「ugo Stand」「ugo Ex」の4タイプをラインアップし、さまざまな業務に対応する。

今回のバージョンアップは、処理プロセッサーの追加やAI処理性能の向上、通話品質の改善や走行音の低減、フルカラーのLEDテープライトの追加など、主に基本性能を向上させた。その他にも温度センサー、気圧センサーを標準搭載し、遠隔からの再起動も可能になるなどのバージョンアップを実施した。G4モデルは2023年4月から提供開始する。

また、コンセプトモデルとして追加されたugo miniは、セキュリティルームや開閉が困難な扉の中など、従来のロボットでは活動が困難な場所向けに開発。ホテルや介護施設などでの利用を想定した静音性も実現した。2023年にコンセプトモデルの提供開始し、2024年以降に正式販売する予定だ。

ugo制御用のプラットフォーム「ugo Platform」も、ugo以外のロボットや各種IoT機器の連携が可能になるなどのアップデートを実施。ugo Platform単体での提供も開始する。

ugo Platformの概要 ugo Platformの概要

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  3. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  4. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  5. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  6. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  7. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  10. micro:bitでモーターを制御——ロボット工作向けオールインワンボード「micro:bit用 Robotics Board」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る