新しいものづくりがわかるメディア

RSS


10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表

中国のAnycubicは、10インチの8KモノクロLCDスクリーンを搭載したDLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」を発表した。シリーズ最高の高解像度(7680×4320ピクセル)プリントで、複雑な形状の3Dデータでも細部まで高精細に再現する。

独自の光源技術「LighTurbo 2.0」には、COB光源と凹面鏡、光源スマート冷却システムを取り入れている。90%以上の光均一性、発散角3度以下のコリメート光、1.26%に低減した迷光レベルが特徴で、安定した高品質造形を可能にする。

ボールねじ構造のZ軸は2本のリニアガイドレール上を移動し、スムーズで素早い動作が可能。5μmの高精度な制御が可能で、レイヤーの境界線を目立たなくする。最大造形サイズは250×220×120mmで、最高造形速度は95mm/h、XY軸精度は28.5μmとなっている。

デュアル空気清浄機を搭載し、シンメトリックデザインにより空気の排出口を1.5倍拡げることで洗浄能力を高めている。レジンVATは容量を増やしており、レジンを追加しなくても大きなサイズのモデルの造形が可能。また、FEPフィルムの採用により、レジンの粘度を低減することでプリントの成功率を向上している。クラウドアプリを提供し、2万以上のSTLファイルから3Dプリンターへダウンロードし、離れた場所からでも操作ができる。

Photon M3 Premiumは2022年11月1日からアメリカとヨーロッパ市場で販売を開始しており、AmazonやeBayなどにて特別価格619ドル(約8万3000円)、699ユーロ(約9万9000円)で提供している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る