新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デジタル機械部品調達サービス「meviy」、丸物部品の提供開始

ミスミグループが提供するデジタル機械部品調達サービス「meviy(メビー)」は、2022年12月5日より切削加工のバリエーションを拡大し、回転軸やシャフト、円形プレートなどの丸物部品の提供を開始した。

photo

今回新しく提供する丸物部品は、ヤマザキマザックと共同開発を行い、同社の「マザトロールDX」を活用し加工現場の製造プロセスをDX化することで、安価で短納期な商品の提供を実現しているという。これらのオープンイノベーションにより、丸物部品も3Dデータだけで自動見積もりや自動製造が可能となり、従来の紙図面による部品調達の手間が削減される範囲を拡げた。

旋盤加工、マシニング加工、ワイヤー加工、焼き入れ処理に対応。納期は標準6日目出荷から。2個以上で30%、3~50個でで30~40%、51個以上で平均50%割引となる。

自動見積もりの対象は、旋盤加工。2023年3月よりマシニング加工とワイヤー加工が自動見積もり対応予定だ。

photo

2022年12月5日より自動見積もりの対象形状となるのは、外形旋削、内径旋削、外形溝、内径溝、めねじ、おねじ。2023年3月6日からは、穴(キリ穴、ザグリ穴、精度穴)、外形キー溝、内径キー溝、切り欠き(ポケット)、端面溝が対象形状となる。ギア、偏芯、セットカラー、斜め穴、ローレット加工全般は、自動見積もり対象外形状だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る