新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイの供給不足、2023年中に正常化へ——一部モデルは値上げも

Raspberry Pi財団は2022年12月12日、約2年続いているサプライチェーンの混乱から改善しつつあると発表した。あらゆる資材の調達が困難になる中、特に半導体不足が深刻だったため、Raspberry Piの供給に大きな影響を与えていた。

同財団は、ホリデーシーズンに向けRaspberry Pi Zero W、Raspberry Pi 3 Model A+、Raspberry Pi 4(2GB/4GB)を合計10万台以上確保。既に各国の公認販売店への供給を開始しており、在庫状況や価格などの最新情報はWebサイト(rpilocator)で確認できる。正規価格で入手するため公認販売店での購入を勧めるとともに、在庫が比較的豊富にあるRaspberry Pi Pico/Pico Wの優先使用を引き続き推奨している。

photo

在庫状況については、2023年第2四半期までには新型コロナウイルス感染症拡大前の状態に戻り、同年第3四半期が終わるまでには完全に回復し、いつでも数10万台の供給が可能になるとしている。まずRaspberry Pi Zero/Zero Wが、続いてRaspberry Pi 3 Model A+、Raspberry Pi 4の順に正常な在庫状況に戻す。

photo

また、サプライチェーンの混乱は、材料コストの上昇という副作用をもたらしている。Raspberry Pi 4の2GBモデルは35ドル(約4600円)から45ドル(約6000円)に、Compute Module 4はすべてのバリエーションが5ドル(約660円)値上げされた。さらに、Raspberry Pi Zeroを5ドルから10ドル(約1300円)に、Zero Wを10ドルから15ドル(約2000円)に値上げする計画だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る