新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMMとミマキの3Dプリントコンテスト、透明素材を生かした作品を募集

DMMはミマキと共同で、ピュアクリアインク「MH-110PCL」を活用した作品を募集する「DMM.make × Mimaki Clear 3D Print Contest」を開催すると発表した。

今回のテーマは「透明を現す」で、実用的な物からアート作品までジャンルを問わず、透明素材を生かした作品を募集する。

MH-110PCLは従来のクリアインク(MH-100CL)と比べて黄色味を抑えており、ガラスやアクリルのような透明表現が特徴だ。また、クリア造形物の内部にカラー表現があるデザインも、より鮮明に表現が可能となった。

ミマキのUV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンター「3DUJ-553」との組み合わせにより、プロダクトデザイン分野での試作用途や、医療/建築分野の他、3D CGデザイン分野などでの活用が期待されている。

コンテストへの応募は、専用フォームからエントリーと3Dデータをアップロードした後、必要事項を送信して完了する。募集期間は、2022年7月28日~同年8月31日まで。同年10月初旬開催を予定している審査会を経て、同年10月14日に結果発表および表彰式を開催する予定だ。 最優秀賞を獲得すると、DMMポイント10万円分と、ワコムの13.3インチ液晶ペンタブレット「Wacom One 13」が贈られる。また優秀賞では、DMMポイント2万円分、ロジクールのワイヤレスマウス「MX MASTER 3S」が贈呈される予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る