新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5StickCで空気質モニター——「M5StickC Proto Hat向け空気質センサボード」発売

Boschの空気質センサー「BME688」を搭載した「M5StickC Proto Hat向け空気質センサボード」が発売された。

photo

BME688は、揮発性有機化合物(VOC)や揮発性硫黄化合物(VSC)などのガス濃度を測定し、空気質インデックス(IAQ)による空気汚染指標を算出できる空気質センサーだ。その他湿温度や気圧も測定できる。

photo

同ボードは、M5StickC Proto Hatにジャストサイズで、M5StickC Proto Hatの基板と置き換えるだけで、そのままM5StickCのGPIOに接続できる。M5StickC/M5StickC Plus や CoreInk、ATOM Lite/ATOM Matrixと組み合わせた空気質モニター向け用途に適しており、これら向けのサンプルプログラムも公開している。

基板サイズは20.2×24.6×0.8mmで、ピンヘッダは8ピン、2.54mmピッチ。入力電圧は2.5~6.0Vだ。なお、医療向けや工業向けなどの厳密な測定が必要な用途には使用できない。スイッチサイエンスのオンラインショップにて販売中で、価格は5600円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る