新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」

高機能なサイクリングヘルメットで知られるLIVALLが、工具を使わずに自転車を電動化するE-bikeコンバージョンキット「PikaBoost」を発表し、2022年12月20日、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資の募集を開始した。

従来製品の多くは、着脱時に自転車の前輪を分解するなど、煩雑な作業を必要とした。PikaBoostはバッテリー、モーター、コントローラーを一体化した構造で、着脱はいずれも30秒ほどで完了する。PikaBoostは工具を必要としないため、他の自転車への乗せ換えも容易だ。

PikaBoostは、高度なセンサーと制御による快適な走りが特徴だ。核となる「AAR(Automatic Adaptive Rate)」技術が、地形の変化や走行スピードを検知する。高いリアルタイム性を特徴とした2軸のリニアホールセンサーが車輪の回転速度を検出し、モーターの出力を適応的に調整する。

さらに、ジャイロセンサーや加速度センサーを内蔵し、自転車の速度と姿勢を検出する。この機能が上り坂、下り坂、平地、加速度と減速度を判断し、一定の速度を維持できるようアシストする。

安全面では、ブレーキレバーに連動した「Eブレーキ」の操作、転倒やスリップの検知によってモーターを停止/減速させる機能も搭載する。なお、使用する地域をアプリから設定すると、PikaBoostは現地の法的規制に適合した速度や電動アシストモードを自動設定する。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る