新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作

Raspberry Pi公式ブログが、アメリカのクリエイターCarter Hurd氏がRaspberry Piを使って製作した超小型PCを紹介している。同氏は他にも、ウッドとレザー製のPCやコンクリート製コンピューター、メカニカルキーボード一体型PCなどの製作過程をYouTubeにアップしている。

photo

Carter Hurd氏は、ピクセルアート表示とゲームができるLCD付Bluetoothスピーカー「Retro Pixel Art Game Bluetooth Speaker」を改造し、超小型PCにすることを思いついた。内部の構成部品をすべて取り出し、ケースのみ再利用している。

photo

まず、オリジナルの操作スイッチは取り外し、Solder Partyのトラックパッド付QWERTYキーボード「BB Q20 Keyboard」の基板を加工して組み付けた。同キーボードはRP2040を搭載した優れもので、USB接続できるので難しくはないが、キーボード形状に合ったベゼルを付けるのは苦労したようだ。

photo

次に、オリジナルの16×16のLEDマトリクスディスプレイは、XYGStudyの4インチスクエアタッチスクリーンLCDで置き換えた。オリジナルのようなレトロ感を出すため、熱成形プラスチックで曲面カバーを作り、ディスプレイの角をカットして装着。さらに、ディスプレイのハウジングや、キーボードとディスプレイの間を開け、角度を調整するヒンジを3Dプリンターで作製して取り付けた。

photo

最後に、ベースにRaspberry Piを収納しようとしたがスペースが狭く、GPIOヘッダーを外してL型のロープロファイルのものに交換したが、基板を損傷したようでRaspbery Piを再注文。結局GPIOヘッダーの交換は諦めて、ベースカバーに穴を開けて逃している。Carter Hurd氏は、「超小型PCの使い道は分からないが、Raspberry Piの可能性は示せたのでは」と話している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る