新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース

Simplify3Dは、スライサーソフトウェア「Simplify3D」の最新バージョン5.0をリリースした。120以上の独自の新機能と改良を加え、処理能力やユーザービリティを向上している。

photo

ユーザーインターフェースは、簡素化と最適化による効率性の向上を図っている。ツールバーレイアウトの統合によりコモンコントロールのビュー表示を可能にし、カスタマイズ対応のキーボードショートカットで機能へのアクセスを容易にした。さらに、3Dマウスへの対応や3D環境でのナビゲーションを取り入れることで、高度化したズームや回転など直感的な操作で細部まで確認ができる。

photo

3Dモデルファイルへのライブトラッキング機能は、CADデザインへの変更を自動で検知し、形状を同期して流動的にSimplify3Dのパーツをアップデートする。サポート構造編集機能のアップグレードにより、新ツールがワンクリックで大きなサポート部の追加や削除が可能になり、Wi-Fiとイーサネットへの対応により、リモート操作やモニタリングを可能にした。

バージョン5.0に搭載した次世代スライシングエンジンの革新的アルゴリズムにより、バージョン4.0より最大3倍速い高品質スライシングが可能。また、メッシュエラーの自動修復機能により、プリント時間の短縮と手直しの手間が省かれている。

photo

同一モデルの各部位におけるカスタマイゼーションに対応し、精細部ではプリント速度を落としたり、強度が必要な部位ではインフィルの密度を高めたりといった設定が容易にできる。さらに、高品質な仕上がりとプリント速度の最適なバランスで、レイヤー厚を自動で調節する機能も備える。

新たに90の対応機種が増え、合計650機種以上の3Dプリンターに対応する。公式サイトにて199ドル(約2万6000円)で販売中。V4ユーザーにはアップグレードとしても提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る