新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

Formlabsが、光造形3Dプリントを自動化する製品「Form Auto」の国内向け出荷を、2023年4月に開始すると発表した。

photo

Form Autoは、同社の産業用SLA方式3DプリンターForm 3、Form 3+、Form 3B、Form 3B+に対応。プリント後に造形品を自動で取り外して、専用のUVシールド容器に保管する。UVシールド容器内のバスケットをForm Wash Lにそのまま投入してまとめて後処理することもできる。また、カメラを搭載しており、造形中の状態を動画や画像で遠隔から確認することもできる。

photo Fleet Control

Form Autoに加えて、複数のプリンターへのジョブ割り当てを可能にするアドオンソフト「Fleet Control」や、5L容量のレジンバッグと電動レジンポンプをセットにした「High Volume Resin System」などが同社のオートメーション製品を構成する。

photo High Volume Resin System

Form Autoの価格は51万円(メーカー希望小売価格、税別)で、現在プレオーダーを受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイオシロを自作しよう——Raspberry Pi Pico用オシロスコープ基板DIYキット「PL2302KIT」
  2. リチウムイオン電池より4倍高いエネルギー密度のリチウム空気電池を開発
  3. 航続距離1000kmのeVTOL「Vertiia」が初の飛行試験に成功
  4. FFF方式3Dプリンターを高速化——「Creality SONIC PAD」発売
  5. 基板のパターンが109キーボードの配列──はんだ付けだけで自由にキーボードを自作できる「FLINT キーボードを作ろうぜ!キット2」
  6. スペクトラム・テクノロジーがRaspberry Piを使いWi-Fi 6Eに対応した「WiFiプロトコル・アナライザ V2」を販売開始
  7. 土日で完成! 趣味のラズパイ BME680の測定データを小型ディスプレイに表示させる
  8. 電子工作初心者向け「ゼロからよくわかる! Arduinoで電子工作入門ガイド 改訂2版」発刊
  9. 手回し式靴下編み機を作って靴下を編んでみた
  10. 無線LAN対応ラズパイPico——スイッチサイエンス、技適取得済みの「Raspberry Pi Pico W」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る