新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi財団が新製品「Raspberry Pi Global Shutter Camera」発表

Raspberry Pi財団がRaspberry Pi用のカメラモジュール新製品「Raspberry Pi Global Shutter Camera」を発表した。

同製品の最大の特徴は、高速度でもゆがみの少ない撮影が可能なグローバルシャッターを採用していることだ。従来のローリングシャッターでは高速度撮影時に起こりがちな「ゆがみ」を抑えられるため、高速な被写体などを撮影する際に難しかった被写体の撮影が可能になった。

グローバルシャッターは同サイズのローリングシャッターよりも解像度が低くなるため、適切なレンズ倍率を選択し、高速での画像認識処理に適した画像を取得することを推奨している。

同製品は1.6メガピクセルのSony IMX296センサーを搭載しており、Raspberry Pi HQ Cameraと同じC/CSマウントのレンズと互換性を有している。レンズの切り替えはC/CSアダプターで対応可能だ。

3.45μm×3.45μmと大きなピクセルサイズが高い光感度を提供するため、短い露出時間(適切な照明で30μs程度)で動作できる。バックフォーカスは12.5~22.4mmから調整可能だ。

日本国内ではスイッチサイエンスおよびKSYがRaspberry Pi Global Shutter Cameraの取り扱いを開始している。スイッチサイエンスでの販売価格は8525円(税込)だ。

※記事初出時に写真に誤りがありました。訂正してお詫びします(編集部)

 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイオシロを自作しよう——Raspberry Pi Pico用オシロスコープ基板DIYキット「PL2302KIT」
  2. リチウムイオン電池より4倍高いエネルギー密度のリチウム空気電池を開発
  3. 航続距離1000kmのeVTOL「Vertiia」が初の飛行試験に成功
  4. FFF方式3Dプリンターを高速化——「Creality SONIC PAD」発売
  5. 基板のパターンが109キーボードの配列──はんだ付けだけで自由にキーボードを自作できる「FLINT キーボードを作ろうぜ!キット2」
  6. スペクトラム・テクノロジーがRaspberry Piを使いWi-Fi 6Eに対応した「WiFiプロトコル・アナライザ V2」を販売開始
  7. 土日で完成! 趣味のラズパイ BME680の測定データを小型ディスプレイに表示させる
  8. 電子工作初心者向け「ゼロからよくわかる! Arduinoで電子工作入門ガイド 改訂2版」発刊
  9. 手回し式靴下編み機を作って靴下を編んでみた
  10. 無線LAN対応ラズパイPico——スイッチサイエンス、技適取得済みの「Raspberry Pi Pico W」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る