新しいものづくりがわかるメディア

RSS


犬型4足歩行ロボット「Petoi Bittle Robot Dog STEM Kit」がスイッチサイエンスで販売開始

スイッチサイエンスは、犬型4足歩行ロボット「Petoi Bittle Robot Dog STEM Kit」の販売を2023年3月10日に開始した。

同製品は、小型サーボを9個搭載したプログラミング可能な小型の犬型ロボットだ。歩行動作だけでなく、プログラミングによるオリジナルの動作も可能。組み立て済みキットのため、面倒な組み立ても必要ない。

ボードにはArduino UNOをカスタマイズしたNyBoard V1を搭載。ブロックプログラミングができるCodeCraftにも対応しているため、ロボットを動作させながらプログラミングが学習できる。

コントローラーにはGroveコネクターを接続でき、Grove対応センサーなどを使用した機能拡張が可能だ。例えば、口に測距センサーをくわえさせて、壁にぶつからないように前進する、といった動作をプログラミングできる。

寸法は200×110×110mm、質量は265~290g。価格は4万2790円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイオシロを自作しよう——Raspberry Pi Pico用オシロスコープ基板DIYキット「PL2302KIT」
  2. リチウムイオン電池より4倍高いエネルギー密度のリチウム空気電池を開発
  3. 航続距離1000kmのeVTOL「Vertiia」が初の飛行試験に成功
  4. FFF方式3Dプリンターを高速化——「Creality SONIC PAD」発売
  5. 基板のパターンが109キーボードの配列──はんだ付けだけで自由にキーボードを自作できる「FLINT キーボードを作ろうぜ!キット2」
  6. スペクトラム・テクノロジーがRaspberry Piを使いWi-Fi 6Eに対応した「WiFiプロトコル・アナライザ V2」を販売開始
  7. 土日で完成! 趣味のラズパイ BME680の測定データを小型ディスプレイに表示させる
  8. 電子工作初心者向け「ゼロからよくわかる! Arduinoで電子工作入門ガイド 改訂2版」発刊
  9. 手回し式靴下編み機を作って靴下を編んでみた
  10. 無線LAN対応ラズパイPico——スイッチサイエンス、技適取得済みの「Raspberry Pi Pico W」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る