新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「作ってみた」からはじめる大学

電子工作からはじめよう! 大学が取り組む理系ガールの今

Raspberry Piが世界で300万台売れ、電子工作をテーマにした漫画「ハルロック」が話題になるなど、電子工作のすそ野が広がりつつある中、大学が授業やワークショップに電子工作を取り入れているケースが増えているという。
fabcrossでは、女子在校生向けに「Fab Girl Project」と題したワークショップを開催する芝浦工業大学と、女子中高生向けに学研「大人の科学マガジン」のキーボードポケットミクを使ったワークショップを実施した津田塾大学を取材。大学から見た理系女子の今について聞いてみた。【撮影:青木理奈(津田塾大)、fabcross編集部(芝浦工業大)】

Raspberry Piを使ってポケットミクでミュージカル

津田塾大学女性研究者支援センターが2011年から毎年開催している「女子中高生のための情報・メディア工房」は、企業見学とものづくりワークショップを体験する1日体験イベントで、対象は女子中高生。

取材した日は午前中に日本マイクロソフトのオフィスを訪問し、社内見学やエンジニアとして活躍する女性社員との交流の後、午後から津田塾大学非常勤講師でプログラミング教育の専門家、阿部和広氏のレクチャーのもと、ポケットミクとRaspberry Piを使い、プログラムした楽曲を2人1組になって演奏するワークショップだ。 

ワークショップで使用したRaspberry Pi(左)とポケットミク(右)。Raspberry PiはGoogleから提供を受けたもので、参加者に無料で配布された。 ワークショップで使用したRaspberry Pi(左)とポケットミク(右)。Raspberry PiはGoogleから提供を受けたもので、参加者に無料で配布された。

2人1組のグループになり、まずは今回使用するビジュアルプログラミング言語のScratchの使い方のレクチャーを受けた後、アイデアを紙にまとめ、Scratch上でキャラクターの動作や背景の設定から吹き出しで表示するセリフの入力、ポケットミクで再生する歌まで数時間で作りこむ。

プログラミング初心者の10代の女子をサポートするのは、津田塾大学学芸学部情報科学科に在籍する現役の学生を中心としたボランティアスタッフ。数カ月前から勉強会や合宿を重ねてツールの使い方を学んだうえで本番に臨んでいるだけあり進行もスムーズだ。 

現役大学生のスタッフ(写真右)が1組に1人ずつサポートにつく。 現役大学生のスタッフ(写真右)が1組に1人ずつサポートにつく。

およそ3時間程度でプログラムを完成させた後、一組ずつ演奏し投票しあってワークショップは終了。プログラミングの入口のレクチャーから開発の最前線で活躍する女性エンジニアとの交流まで充実した内容のプログラムは人気が高く、今年は定員に対して3倍の応募があったという。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自分のスマホで3Dプリント——300ドル以下で買える光造形方式3Dプリンター「T3D」
  2. マウスピースをくわえて10秒で歯磨き完了——自動電動歯ブラシ「Amabrush」
  3. XYZプリンティング、熱溶融積層方式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」の予約販売を開始
  4. ブランドロゴを貼るだけから共通パーツの製造まで 「世界の工場」に見る、製造業のグラデーション
  5. ネックを伸縮させてギタープレイ——全長約320mmのポータブルMIDIギター「Jammy」
  6. プロトラブズ、射出形成サービスの追加成形キャパを月1万個に——製品の垂直立ち上げに対応
  7. アウトドアで使えるイスを1000円で作っちゃおう!
  8. ゲルマニウムからデジタルまでラジオの歴史をたどる——「作って合点!ラジオのしくみNo.5 DSPラジオキット」発売
  9. 第6回 STEM教育には欠かせないコミュニティの存在とマイコンボード「micro:bit」が目指すもの
  10. クリーンなデザインでデスクトップにマッチ——小型FFF方式3Dプリンター「E180」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る