新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Julie Wataiと電子工作チャレンジ!

世界に一つだけのくま型トイデジタルカメラを作ろう

オリジナルデザインの筐体を制作

デジカメの筐体も作りましょう。

まずデザインイメージのラフを起こすところからスタート。Julieさんから「こんな感じで」という原案画像をいただきました。

 

ゆるいデザインだが、これは可愛くなるかも……。透明素材なことがポイント。 ゆるいデザインだが、これは可愛くなるかも……。透明素材なことがポイント。

「なぜクマなのかというと、なんとなく……かわいいからです……」(Julieさん)

筐体は3Dプリンタで出力するので、この原案から3Dモデルをおこします。 

3D出力にはDMM3Dプリントサービスにご協力いただきました。 3D出力にはDMM3Dプリントサービスにご協力いただきました。

STL形式で出力した3DモデルデータをDMM3Dプリントサービスへ送ると、立体出力時に最適なデータへと変換されます。

専用ソフトで3Dプリントに適したデータへ変換されます。 専用ソフトで3Dプリントに適したデータへ変換されます。

こうして出来上がった3Dデータをいよいよ3Dプリントします。使用する3Dプリンタは「Objet500 Connex」(Stratasys製)というモンスターマシン。このObjet500 Connexはマルチマテリアルに対応していて、異なる物性の樹脂を2種類同時に出力できるんです。

どういうことかというと、「ある部分は硬く、ある部分は柔らかく……」といった3D出力が可能だということです。こんな芸当できる3Dプリンタはなかなかありません。そしてObjet500 Connexを持っている3Dプリントサービスは国内だとまだまだ少ないそうです。そんな最新機器をいち早く導入しているDMM3Dプリントサービスさんはさすが気合が入っています! 

「Objet500 Connex」 「Objet500 Connex」
Objet500 Connnexのプリンタヘッド。メカメカしくてカッコイイ! Objet500 Connnexのプリンタヘッド。メカメカしくてカッコイイ!

というわけで、3DデータをDMM3Dプリントに預け、ワクワクしながら数日待機。今回のカメラ筐体程度のサイズを出力するには、まる1日かかるため、出力物が手元に届くまで発送も含め数日かかります。

……そして数日後。

ついに筐体が届きました! 

透明樹脂で美しく出力されています。 透明樹脂で美しく出力されています。

イメージどおりの造形物を届き、大満足。しかも今回はDMM3Dプリントサービスさんのご好意で、別素材でも出力していただきました。ご協力ありがとうございました!

真っ白タイプ。透明素材より積層は目立ちにくいのですが、汚れが積層の隙間に付着してとりにくいようです。塗装すれば問題ないでしょう。 真っ白タイプ。透明素材より積層は目立ちにくいのですが、汚れが積層の隙間に付着してとりにくいようです。塗装すれば問題ないでしょう。

電源スイッチとシャッターボタンを取り付ける

筐体も届いたことだし、いよいよ全パーツを組み立ててデジカメを完成させよう! 筐体も届いたことだし、いよいよ全パーツを組み立ててデジカメを完成させよう!

まず初日に取り付けていなかった、電源スイッチをはんだ付けします。

電源に使用したトグルスイッチ。 電源に使用したトグルスイッチ。

ちなみに今回の撮影は前回と場所を変え、筆者の事務所であるMetacraftで行いました。

Arduinoと充電モジュールの間に電源スイッチをはんだ付け。 Arduinoと充電モジュールの間に電源スイッチをはんだ付け。

今回もHAKKOのはんだごてでスイスイ作業を進めます。

次に、シャッターボタンを取り付けるための穴を筐体に開けます。モデリングの段階ではまだどんなボタンにするか決めていなかったので、あとからホールソーで穴を開けました。

今回はこんなスイッチをシャッターボタンに採用。採用理由は……かわいいからです。

光学式の無接点プッシュボタン。 光学式の無接点プッシュボタン。
あまり意味はないけれど、筆者の趣味で溶接ゴーグルをJulieさんにかけてもらいました。 あまり意味はないけれど、筆者の趣味で溶接ゴーグルをJulieさんにかけてもらいました。

ガリガリィッ! ゴリゴリィッ! っと穴を開ける作業……気持ちいいです。

直径2.5cmのホールソーで穴を空けました。 直径2.5cmのホールソーで穴を空けました。

穴はきれいに開いたんですが、シャッターボタンの採寸をミスっていたようで……すんなりハマらず。ヤスリで削って穴のサイズを微調整します。

ヤスリで削ります。黒板を爪でひっかくような音に、スタッフ全員がもがき苦しみました。 ヤスリで削ります。黒板を爪でひっかくような音に、スタッフ全員がもがき苦しみました。

シャッターボタンにぴったりの穴が開いたのでハメ込みます。

うおおお! きれいにハマった! うおおお! きれいにハマった!

シャッターボタンをハメこんで、Arducamにはんだ付け。Arducamの電源、グラウンド、トリガーのピンに、シャッターボタンの赤、黒、白のラインを取り付けます。

この工程もすんなりクリアのJulieさん。 この工程もすんなりクリアのJulieさん。

プログラムのインストール

Arduinoのプログラム。 Arduinoのプログラム。

ここでArducamのプログラムは、公式サイトからダウンロードしてArduinoにインストールするだけ。(Arduinoの扱い方はここでは省略します)

まず、 Arducam公式サイトのダウンロードページから最新版プログラムをダウンロード。ダウンロードファイルを開き、ArduCAMフォルダ内examplesの中から、使用するカメラモジュールの名前がついたスケッチをUSB経由でArduinoにインストールすればOKです。今回はArduCAM_MT9D111_LCD_CAM_SD_BMPというスケッチ(Arduinoのプログラムのこと)をインストールします。 

最終組み上げ

筐体とArducamをネジで留め……最後の組み立てに。あと少しで完成です……。 筐体とArducamをネジで留め……最後の組み立てに。あと少しで完成です……。

ここで一度電源を入れて起動テスト。事前にバッテリーを充電しておくことをお忘れなく。

おお! 液晶にレンズ越しの映像が映ってます! おお! 液晶にレンズ越しの映像が映ってます!

起動テストも完了し、筐体のふたを閉じれば完成です。

最終的に中身はこんな感じ。 最終的に中身はこんな感じ。

完成

筐体の蓋を閉じてついに完成! 筐体の蓋を閉じてついに完成!
これが完成した「くまカメラ」。 これが完成した「くまカメラ」。

右目は電源スイッチ。左目部分にはバッテリーインジケーターのLEDが光っています。左目表面はナットを使って装飾しました。

実は、いろいろと大人の事情で完成までに3カ月以上かかったこのカメラ……(笑)完成までに日を要したため、感動もひとしおです。 

Julieさんおつかれさまです。 Julieさんおつかれさまです。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  2. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  5. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化
  10. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る