新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キネティックアーティスト テオ・ヤンセンインタビュー

テオ・ヤンセンが語る、3Dプリンタによって進化するビーストの可能性

キネティックアートの巨匠、テオ・ヤンセン氏。独特のリンク機構を駆使した風で動く作品「ストランドビースト」(Strandbeest:「砂浜で生きる生命体」)が注目を集めている。2015年のゴールデンウィークは、第2次オープンした商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」(東京都世田谷区)のイベントに出現。多くの人が見学に訪れた。Makersの中でも人気が高いテオ・ヤンセン氏は、3Dプリンタなどのデジタル工作機器の普及を背景にしたメイカーズムーブメントをどう見ているのだろうか? (撮影:加藤甫)

6つのユニットにわけられたストランドビースト「アニマリス・シアメシス」を組み立てる。 6つのユニットにわけられたストランドビースト「アニマリス・シアメシス」を組み立てる。

3DプリンタはDNAと同じ

 「10年以上前から3Dプリンタには注目していました」

インタビューの初めに告げられて、びっくりした。ヤンセン氏は、幅10m、高さ5mにもおよぶ巨大な作品でさえ、すべて手作りで生み出している。今年で67歳。デジタル工作機器からは遠い存在に思えた。それが、登場の初期から知っていたとは!

「実は1990年代に新聞でコラムの連載をしていたとき、3Dプリンタとその可能性について取り上げたことがあります。ちょうどビーストを作り始めた頃です。自分のアイデアを簡単に具現化できる機械がいつの日かできないだろうかと夢みていたので、大変興味がありました」

ヤンセン氏の作品「ストランドビースト」は生物進化を模している。そこにはDNAや進化の系統樹が存在する。自らをビーストにとっての創造主と位置づけ、独特の哲学に基づいて作品を生み出している。

「3Dプリンタには哲学的な重要性があると思いました。つまりものを複製するということは、生物が新たな生命を生み出すという行為と同じです。3DプリンタはDNAと同じ役割を果たせるわけです。私のビーストも、これによって系統樹におけるひとつの枝分かれを起こしました」

数年前に「ホーリーナンバー(聖なる数字)」と呼ばれる独特の脚の運びを生み出す各リンクの長さの比率をWebで公開すると、それを使って自分のビーストを生み出すMakersが現れた。ヤンセン氏はその現象を、ビーストたちが創造主の手を離れ、自ら進化し始めたと考える。

ストランドビーストは風を受けると生物のように動く。秘密は一脚を構成する各プラスチックチューブの長さの比率。全部で13の数字がある。ヤンセン氏は創造主がビーストに生命を与える数字という意味で「ホーリーナンバー(聖なる数字)」と呼んでいる(テオ・ヤンセン氏提供)。 ストランドビーストは風を受けると生物のように動く。秘密は一脚を構成する各プラスチックチューブの長さの比率。全部で13の数字がある。ヤンセン氏は創造主がビーストに生命を与える数字という意味で「ホーリーナンバー(聖なる数字)」と呼んでいる(テオ・ヤンセン氏提供)。
「3Dプリンタには以前から興味がありました」と語るヤンセン氏。 「3Dプリンタには以前から興味がありました」と語るヤンセン氏。

部屋という新たな生態系

「ホーリーナンバーの公開と人々がビーストを作り始めたのが、ちょうど3Dプリンタが登場したころだったので、機械を試すには良いタイミングだったようです。こうして3Dプリンタがビースト増殖の流れを加速しました。性能があがるにつれ、より速く、より精巧に作られるようになりました。

こうして生まれたビーストは小さくて砂浜では生き残っていけませんが、部屋の本棚や机の上なら生きていけます。人は部屋の中で3Dプリンタビーストを見つけることができます。それらは実際にテーブルの上を歩くこともできます。彼らは部屋という新たな生態系を獲得しました。進化の新しい段階です」

ヤンセン氏の3Dプリンタビーストとはどんなものなのだろうか? 

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る