新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PLENGoer Roboticsインタビュー

エキスパートにしてスタートアップ——PLENGoer Roboticsが仕掛けるキューブロボ「PLEN CUBE」

オープンソースを採用した二足歩行ロボット「PLEN」シリーズ。主要パーツを3Dプリンタで出力可能で、ソースコードがオープンソースであることなど、ハッカブルであることが特徴だ。そのPLENを開発している大阪のロボティクスベンチャー、プレンプロジェクトが中国の大手EMSであるGoerTekグループと合弁会社を2016年に立ち上げ、PLENGoer Robotics(以下、PLENGoer)として新たなスタートを切った。

そして2016年12月にPLENGoerは新体制での第一弾製品として発表したのは、それまでの人型ロボットではなく、箱型ロボット「PLEN CUBE」だった。

PLEN CUBEは、一辺が約75mmの立方体で、カメラ、ディスプレイ、スピーカー、マイクを備えている。顔やジェスチャー、音声を認識し、声とジェスチャーで指示を出せる。静止画や動画を撮影して保存し、ネット上に配信して共有する機能もある。上半分が360度回転する機構部分の動きには、長年のロボット開発のノウハウが生かされている。

「サービスロボットが爆発的に広がる前から、生活の中でロボットを何に使うべきかという議論がありました。ペットの見守りや介護補助、子どもとの遠隔コミュニケーションなど、この数年でさまざまなロボットが登場しましたが、切実なニーズに応えたロボットが出ていないのも事実。
そうした背景から『無いと困る』ロボットではなく、『あると便利』というコンセプトで開発したのがPLEN CUBEです。

お年寄りがロボットを通じてコミュニケーションするようなシーンを想定したロボットが増えていますが、それは端的に言えばお金を持っている層の市場を狙っていてニーズで見ていない。ロボットを通じて孫と毎日話すより、年に1回でも来てくれるほうが嬉しいわけで、ニーズが無いところにロジックを持ち込んでも受け入れられない。たくさんの小さなニーズに確実にこたえるものを作りたいわけです」(PLENGoer Robotics CEO赤澤夏郎さん)

PLEN CUBEのデザインモックアップと赤澤さん。 PLEN CUBEのデザインモックアップと赤澤さん。

ロボットはさまざまな技術の集合体の上に成り立つものだが、それ故にどのような機能を盛り込み、利用者にどういった新しい体験や利便性をもたらすかが重要だ。

「技術面よりも、UX(ユーザーエクスペリエンス)のコンセプト開発に時間をかけました。ロボットに何をさせるかという部分の答えを出すまでに、かなり議論と試作を繰り返して、ようやく仕様が固まったのが2016年夏。そこから中国のGoerTekの担当者ともやりとりをしながら試作開発を進めています」

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る