新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PLENGoer Roboticsインタビュー

エキスパートにしてスタートアップ——PLENGoer Roboticsが仕掛けるキューブロボ「PLEN CUBE」

オープンソースを採用した二足歩行ロボット「PLEN」シリーズ。主要パーツを3Dプリンタで出力可能で、ソースコードがオープンソースであることなど、ハッカブルであることが特徴だ。そのPLENを開発している大阪のロボティクスベンチャー、プレンプロジェクトが中国の大手EMSであるGoerTekグループと合弁会社を2016年に立ち上げ、PLENGoer Robotics(以下、PLENGoer)として新たなスタートを切った。

そして2016年12月にPLENGoerは新体制での第一弾製品として発表したのは、それまでの人型ロボットではなく、箱型ロボット「PLEN CUBE」だった。

PLEN CUBEは、一辺が約75mmの立方体で、カメラ、ディスプレイ、スピーカー、マイクを備えている。顔やジェスチャー、音声を認識し、声とジェスチャーで指示を出せる。静止画や動画を撮影して保存し、ネット上に配信して共有する機能もある。上半分が360度回転する機構部分の動きには、長年のロボット開発のノウハウが生かされている。

「サービスロボットが爆発的に広がる前から、生活の中でロボットを何に使うべきかという議論がありました。ペットの見守りや介護補助、子どもとの遠隔コミュニケーションなど、この数年でさまざまなロボットが登場しましたが、切実なニーズに応えたロボットが出ていないのも事実。
そうした背景から『無いと困る』ロボットではなく、『あると便利』というコンセプトで開発したのがPLEN CUBEです。

お年寄りがロボットを通じてコミュニケーションするようなシーンを想定したロボットが増えていますが、それは端的に言えばお金を持っている層の市場を狙っていてニーズで見ていない。ロボットを通じて孫と毎日話すより、年に1回でも来てくれるほうが嬉しいわけで、ニーズが無いところにロジックを持ち込んでも受け入れられない。たくさんの小さなニーズに確実にこたえるものを作りたいわけです」(PLENGoer Robotics CEO赤澤夏郎さん)

PLEN CUBEのデザインモックアップと赤澤さん。 PLEN CUBEのデザインモックアップと赤澤さん。

ロボットはさまざまな技術の集合体の上に成り立つものだが、それ故にどのような機能を盛り込み、利用者にどういった新しい体験や利便性をもたらすかが重要だ。

「技術面よりも、UX(ユーザーエクスペリエンス)のコンセプト開発に時間をかけました。ロボットに何をさせるかという部分の答えを出すまでに、かなり議論と試作を繰り返して、ようやく仕様が固まったのが2016年夏。そこから中国のGoerTekの担当者ともやりとりをしながら試作開発を進めています」

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  5. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  6. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  7. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  8. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  9. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  10. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る