新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:IoTの記事一覧

釣った魚の全長と重さを一度に測定し、スマートフォンで撮影/保存できる「HALASZ Fishing Grip」#CES2020

釣った魚の全長と重さを一度に測定し、スマートフォンで撮影/保存できる「HALASZ Fishing Grip」#CES2020

ラスベガスで開催された国際見本市「CES 2020」で、スマートIoTフィッシュグリップ「HALASZ Fishing Grip」が披露された。釣った魚の全長と重さを一度に測定し、アプリで撮影すれば測定値以外に日付、天候、場所などがセーブできる。

ニュース | 2020/01/15 18:40

睡眠状態の見守りや転倒時のお知らせ機能も——高齢者向けスマート衣料「e-skin Sleep & Lounge」#CES2020

睡眠状態の見守りや転倒時のお知らせ機能も——高齢者向けスマート衣料「e-skin Sleep & Lounge」#CES2020

高齢者向けスマートパジャマ「e-skin Sleep & Lounge」がラスベガスで開催された「CES 2020」でイノベーションアワードを受賞した。アプリと連動し、睡眠状態を分析してアドバイスを提供したり、転倒を検出して家族に知らせたりする。

ニュース | 2020/01/14 16:30

AIが害虫や病気の発生を予測——農業用IoTセンサー「AgriTalk Farming Sensor」 #CES2020

AIが害虫や病気の発生を予測——農業用IoTセンサー「AgriTalk Farming Sensor」 #CES2020

アメリカのラスベガスで開催された国際見本市「CES 2020」で、台湾のスタートアップAgriTalk Techが開発した「AgriTalk Farming Sensor」がイノベーションアワードを受賞した。リアルタイムで土壌の栄養レベル、土壌温度など農地の環境情報を取得し、スマートな農作業を支援する。

ニュース | 2020/01/14 13:00

自宅のドアをペットのために自動ドア化——スライドドアオープナー「Wayzn」 #CES2020

自宅のドアをペットのために自動ドア化——スライドドアオープナー「Wayzn」 #CES2020

スライドドアオープナー「Wayzn」が、ラスベガスで開催された「CES 2020」でイノベーションアワードを受賞した。モーションセンサーを搭載しており、ペットがスライドドアに近づいたときに反応して自動でドアをスライドして開け閉めしてくれる。

ニュース | 2020/01/10 15:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  2. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  5. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  6. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る