新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アビーとオープンキューブ、3Dプリンタ事業を統合。新製品「SCOOVO X4」も発表

アビーとオープンキューブは2014年6月9日、3Dプリンタ「SCOOVO(スクーボ)」の企画・開発・販売を同月21日付でアビーに統合すると発表した。3Dデータシェア&コミュニティサイト「mono-logue(モノログ)」の運営も同日付でアビーに統合する。

2013年8月に販売を開始したSCOOVOブランドのパーソナル3Dプリンタは、これまでオープンキューブが企画・開発し、アビーが生産支援・販売支援に当たってきた。しかし、一層の成長が見込まれる3Dプリンタ関連市場において競争力を強化するため、SCOOVOに関わる全業務をアビーに統合する判断を下したという。

事業統合後も、SCOOVOはアビーのプロダクトブランドとして販売を継続。既に販売・出荷した製品についても、アビーが保証・アフターサポートの一切を引き継ぐとしている。

そしてアビーは同日、SCOOVOの新機種「X4」の発売も発表している。

今回発売するX4は、工業用3Dプリンタに迫るほど高精緻に造形できる上位モデルX9が持つ機能を継承。さらに家庭での利用をより意識し、本体サイズをコンパクトに設計して価格を大幅に抑えるなど、さまざまな改良が加えられている。

積層ピッチは、最小で50μm。本体サイズは386×336×267mm、重量は約11.2 kg。最大造形サイズは180×140×100mm。材料はPLAフィラメント(直径1.75mm)に対応している。希望小売価格は12万9444円(税抜き)、発売予定は2014年6月25日。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る