新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブルレー、オランダ製3Dプリンタ「Ultimaker 2」発売

ブルレーは、オランダのUltimaker製FDM方式3Dプリンタ「Ultimaker 2」の取り扱いを開始した。高精細で高速出力が特徴の製品だ。価格は34万9800円(税込)。

Ultimakerは、ヨーロッパで人気が高い3Dプリンタブランド。同じくオランダに本拠を持つ3Dプリンタ共有サービスの「3D Hubs」による3Dプリンタトレンド6月版でも、プリンタモデルとしては「Ultimaker 1」が2位、Ultimaker 2が6位だった。

Ultimaker 2は、印刷可能な最小積層ピッチが20μmで、現在市場に出ているFDM方式のプリンタの中では最高レベルの高精細出力が可能。さらに毎秒300mmの高速出力が可能だ。ノズル径は0.4mm、フィラメントは2.85mmのものを使う。ヒーティングプラットフォームを装備しており、ABSフィラメントも利用できる。

最大造形サイズは230×225×205mm、本体外形サイズは357×342×388mmで、Ultimaker 2は優れた設計によって、同程度の印刷領域を持つ3Dプリンタの中では最小のプリンタであるという。また他の3Dプリンタとは違って「open filament system」を採用。フィラメントは専用品ではなく自由に選べるため、ランニングコストを抑えることができるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る