新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イグアス、3Dプリンタ「Cube」最新モデルの予約販売開始

イグアス(iGUAZU)は、米3D Sytems製パーソナル3Dプリンタ「Cube」シリーズの最新モデル「Cube 3rd generation」「CubePro」の先行予約の受け付けを開始した。出荷は9月下旬の予定。

イグアスはJBCCホールディングスの事業会社で、2009年に3D Systems製3Dプリンタの取り扱いを開始し、前モデルの「Cube」「CubeX」は2013年4月からおよそ1年で学校やSOHO向けに約1000台を販売した実績を持つ。 

今回予約を開始したCube 3rd generationは2つのヘッドを搭載し、最小積層ピッチも細かくなり、豊富な素材/カラーで造形できるようになった。外形サイズは335×338×280mm、最大増益サイズは152×152×152mm、重さは7.7kgで、造形素材はPLA、ABS。価格は16万円(税抜、以下同)。

CubeProでは、ヘッドを1つ搭載した「CubePro」2つ搭載した「CubePro Duo」、3つ搭載した「CubePro Trio」の3モデルがある。外形サイズはいずれも566.7×581.0×606.4mm、最大造形サイズは275×265×240mm、重さは41~43kgで、造形素材はPLA、ABS、ナイロン。価格はCubeProが44万8000円、CubePro Duoが48万8000円、CubePro Trioが54万8000円。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る