新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エイジアネット、3Dプリンタ「Createbot」2機種発売

エイジアネットは、中国Yueqing Kanin Electricと日本における代理店契約を結び、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「Createbot」シリーズをWebストア「ルナヴァースト」において販売開始した。小型で低価格の「Createbot mini」と大型の造形が可能な「Createbot Max」の2機種で、それぞれシングルノズルとデュアルノズルモデルを用意する。

Createbot miniは、本体サイズが325×303×428mmのデスクトップサイズながら、最大造形サイズは150×150×220mmと比較的大きなことが特徴。最小積層ピッチは100μmで、ノズル径は0.4mm、最高プリント速度は毎秒180mm。フィラメントは直径1.75mmのもので素材はABS、PLA、PETG、HIPSが利用できる。価格はシングルノズルモデルが7万2800円(税込)、デュアルノズルモデルが7万8800円(税込)と手ごろだ。

もう一つのCreatebot Maxは、最大造形サイズが280×250×400mm(シングルノズルモデル。デュアルノズルモデルは247×250×400mm)と大型で、最小積層ピッチが20μmと高精細な産業用3Dプリンタ。本体サイズは458×405×670mm、重さ32kg。ノズル径は0.4mmで最高プリント速度は毎秒250mm。フィラメントは直径1.75mmのもので素材はABS、PLA、PETG、HIPSが利用できる。価格はシングルノズルモデルが19万2000円(税込)、デュアルノズルモデルが21万8000円(税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る