新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エイジアネット、3Dプリンタ「Createbot」2機種発売

エイジアネットは、中国Yueqing Kanin Electricと日本における代理店契約を結び、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「Createbot」シリーズをWebストア「ルナヴァースト」において販売開始した。小型で低価格の「Createbot mini」と大型の造形が可能な「Createbot Max」の2機種で、それぞれシングルノズルとデュアルノズルモデルを用意する。

Createbot miniは、本体サイズが325×303×428mmのデスクトップサイズながら、最大造形サイズは150×150×220mmと比較的大きなことが特徴。最小積層ピッチは100μmで、ノズル径は0.4mm、最高プリント速度は毎秒180mm。フィラメントは直径1.75mmのもので素材はABS、PLA、PETG、HIPSが利用できる。価格はシングルノズルモデルが7万2800円(税込)、デュアルノズルモデルが7万8800円(税込)と手ごろだ。

もう一つのCreatebot Maxは、最大造形サイズが280×250×400mm(シングルノズルモデル。デュアルノズルモデルは247×250×400mm)と大型で、最小積層ピッチが20μmと高精細な産業用3Dプリンタ。本体サイズは458×405×670mm、重さ32kg。ノズル径は0.4mmで最高プリント速度は毎秒250mm。フィラメントは直径1.75mmのもので素材はABS、PLA、PETG、HIPSが利用できる。価格はシングルノズルモデルが19万2000円(税込)、デュアルノズルモデルが21万8000円(税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る