新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エイジアネット、3Dプリンタ「Createbot」2機種発売

エイジアネットは、中国Yueqing Kanin Electricと日本における代理店契約を結び、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「Createbot」シリーズをWebストア「ルナヴァースト」において販売開始した。小型で低価格の「Createbot mini」と大型の造形が可能な「Createbot Max」の2機種で、それぞれシングルノズルとデュアルノズルモデルを用意する。

Createbot miniは、本体サイズが325×303×428mmのデスクトップサイズながら、最大造形サイズは150×150×220mmと比較的大きなことが特徴。最小積層ピッチは100μmで、ノズル径は0.4mm、最高プリント速度は毎秒180mm。フィラメントは直径1.75mmのもので素材はABS、PLA、PETG、HIPSが利用できる。価格はシングルノズルモデルが7万2800円(税込)、デュアルノズルモデルが7万8800円(税込)と手ごろだ。

もう一つのCreatebot Maxは、最大造形サイズが280×250×400mm(シングルノズルモデル。デュアルノズルモデルは247×250×400mm)と大型で、最小積層ピッチが20μmと高精細な産業用3Dプリンタ。本体サイズは458×405×670mm、重さ32kg。ノズル径は0.4mmで最高プリント速度は毎秒250mm。フィラメントは直径1.75mmのもので素材はABS、PLA、PETG、HIPSが利用できる。価格はシングルノズルモデルが19万2000円(税込)、デュアルノズルモデルが21万8000円(税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る