新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタで出力する腹腔鏡手術用の器具、オランダの学生らが開発

オランダのデルフト工科大学の学生らが、光造形3Dプリンタを利用して腹腔鏡手術用の新しい器具「DragonFlex」を開発した。ワイヤーやネジなどの金属製の部品を除き、大部分が3Dプリントされたパーツで構成されているという。

医療分野における3Dプリンタの目覚ましい活躍が注目を集めている。人工骨や人工耳、義手や義足などへの応用はすでに実用化されており、さらに生きた臓器や生体組織をプリントする「バイオプリンティング」の研究も進んでいる。

そんな中、オランダのデルフト工科大学の学生らが、3Dプリント技術の医療への新たな応用として、光造形3Dプリンタを利用した腹腔鏡手術用器具「DragonFlex」を開発した。腹腔鏡手術は、腹部などを大きく切り開く替わりに小さな穴をいくつか開け、そこに細いカメラや小型の手術器具を入れて行う外科手術。DragonFlexは先端が小さなはさみのような外見を持ち、シンプルな構造ながら、人の手首に似た自由度の高い動きをするように設計されており、患者の負担となる穴を最小限に抑えられる。3Dプリンタで出力すると、患者ごとに器具のカスタマイズが可能で、器具の製造にかかる費用を抑えることもできるという。

ここで注目すべきは、精密さ、強度、安全性が要求される手術用器具に、3Dプリントが活用されるようになってきた点だ。現状では、DragonFlexに必要なパーツをすべてが3Dプリンタで対応できるわけではなく、ワイヤーやネジなどは金属製のものを別途用意する必要があるが、今後3Dプリンタの医療分野にでの活躍がますます期待できそうだ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る