新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタで出力する腹腔鏡手術用の器具、オランダの学生らが開発

オランダのデルフト工科大学の学生らが、光造形3Dプリンタを利用して腹腔鏡手術用の新しい器具「DragonFlex」を開発した。ワイヤーやネジなどの金属製の部品を除き、大部分が3Dプリントされたパーツで構成されているという。

医療分野における3Dプリンタの目覚ましい活躍が注目を集めている。人工骨や人工耳、義手や義足などへの応用はすでに実用化されており、さらに生きた臓器や生体組織をプリントする「バイオプリンティング」の研究も進んでいる。

そんな中、オランダのデルフト工科大学の学生らが、3Dプリント技術の医療への新たな応用として、光造形3Dプリンタを利用した腹腔鏡手術用器具「DragonFlex」を開発した。腹腔鏡手術は、腹部などを大きく切り開く替わりに小さな穴をいくつか開け、そこに細いカメラや小型の手術器具を入れて行う外科手術。DragonFlexは先端が小さなはさみのような外見を持ち、シンプルな構造ながら、人の手首に似た自由度の高い動きをするように設計されており、患者の負担となる穴を最小限に抑えられる。3Dプリンタで出力すると、患者ごとに器具のカスタマイズが可能で、器具の製造にかかる費用を抑えることもできるという。

ここで注目すべきは、精密さ、強度、安全性が要求される手術用器具に、3Dプリントが活用されるようになってきた点だ。現状では、DragonFlexに必要なパーツをすべてが3Dプリンタで対応できるわけではなく、ワイヤーやネジなどは金属製のものを別途用意する必要があるが、今後3Dプリンタの医療分野にでの活躍がますます期待できそうだ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る