新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタで出力する腹腔鏡手術用の器具、オランダの学生らが開発

オランダのデルフト工科大学の学生らが、光造形3Dプリンタを利用して腹腔鏡手術用の新しい器具「DragonFlex」を開発した。ワイヤーやネジなどの金属製の部品を除き、大部分が3Dプリントされたパーツで構成されているという。

医療分野における3Dプリンタの目覚ましい活躍が注目を集めている。人工骨や人工耳、義手や義足などへの応用はすでに実用化されており、さらに生きた臓器や生体組織をプリントする「バイオプリンティング」の研究も進んでいる。

そんな中、オランダのデルフト工科大学の学生らが、3Dプリント技術の医療への新たな応用として、光造形3Dプリンタを利用した腹腔鏡手術用器具「DragonFlex」を開発した。腹腔鏡手術は、腹部などを大きく切り開く替わりに小さな穴をいくつか開け、そこに細いカメラや小型の手術器具を入れて行う外科手術。DragonFlexは先端が小さなはさみのような外見を持ち、シンプルな構造ながら、人の手首に似た自由度の高い動きをするように設計されており、患者の負担となる穴を最小限に抑えられる。3Dプリンタで出力すると、患者ごとに器具のカスタマイズが可能で、器具の製造にかかる費用を抑えることもできるという。

ここで注目すべきは、精密さ、強度、安全性が要求される手術用器具に、3Dプリントが活用されるようになってきた点だ。現状では、DragonFlexに必要なパーツをすべてが3Dプリンタで対応できるわけではなく、ワイヤーやネジなどは金属製のものを別途用意する必要があるが、今後3Dプリンタの医療分野にでの活躍がますます期待できそうだ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る