新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM、ロボットの販売やサポートまで行う「ロボットキャリア事業」開始

DMM.comは1月27日、インターネットに接続して成長する“スマートロボット”の普及を目指し、ロボット関連ベンダーと提携してスマートロボットの企画開発からプロモーション、販売、サポートまでを行う「DMMロボットキャリア事業」を立ち上げたと発表した。新事業の第1弾としてロボット販売プラットフォーム「DMM.make ROBOTS」を同日にオープンした。

DMM.make ROBOTSは、携帯電話キャリアのような立ち位置で、ロボット製造メーカーや技術開発メーカー、ロボット関連ベンチャーと提携し、製品のプロモーションや同社のECサイトでの販売、1次サポートなどを請け負う。同社が市場への普及を目指すスマートロボットは、ロボット同士がインターネットを介して接続し、データ連係することで成長していくロボットと定義している。当初は、コミュニケーションロボットとホビーロボットを中心に販売する。

DMM.make ROBOTSと共に提供するクラウドサービス「DMMロボティクスクラウド」は、ロボット専用のクラウドサービスとしてスマートロボットを常に最新の状態にするためのアプリやファームウェアのダウンロード機能、行動解析データの蓄積や分析機能、またロボットコミュニケーション向けの音声認識や自然言語処理などのAIシステムも実装していく。会員、決済、配送などのDMMサービスとの連携機能も提供し、ロボット開発者の負担を軽減するという。

DMMロボットキャリア事業の初期アライアンスメンバーとしては、富士ソフト、ユカイ工学、プレンプロジェクト、ロボットゆうえんちの4社と、特別タイアップとしてデアゴスティーニ・ジャパンが参画する。DMM.make ROBOTSでまず販売されるロボットは、富士ソフト「Palmi(パルミー)」、ユカイ工学「BOCCO(ボッコ)」、プレンプロジェクト「PLEN.D(プレン.ディー)」、ロボットゆうえんち「プリメイドAI(プリメイド・アイ)」、デアゴスティーニ・ジャパン「Robi(ロビ/組み立て代行バージョン)」の5機種。いずれもDMM.make ROBOTSの独占販売で、プリメイドAIは9月から、その他の機種は5月1日から販売(予約は4月1日開始)する。

一方、ロボットベンチャーに対してもDMM.make AKIBAを通じて、優秀な要素技術を組み合わせた新しいロボットを企画・販売するなどのビジネス支援も行っていく。

今後はCMなどを通じてロボット販売プラットフォームとして認知を拡大させながら、国内のロボット関連企業を集約するプラットフォームの構築、産業用ロボット技術の一般販売、海外製ロボットのローカライズや国内製ロボットの海外展開などを通じて、2015年に30億円、2017年に100億円の売上を目指す。 

販売予定のロボット

ユカイ工学の「BOCCO」(2万9000円:税別、以下同) ユカイ工学の「BOCCO」(2万9000円:税別、以下同)

家に設置しておき、外出先からスマートフォンでテキストメッセージや音声メッセージを送って家族に伝言ができる。テキストメッセージはBOCCOが読み上げる。また、BOCCOからも返信が可能。家に設置したセンサの情報を登録したスマートフォンに通知する機能もある。

富士ソフトの「Palmi」(29万8000円) 富士ソフトの「Palmi」(29万8000円)

ユーザーと会話することでさまざまな会話ができるようになり、趣味や生活スタイルに合わせたニュースや天気予報の読み上げや、写真撮影、ダンスができる。

プレンプロジェクトの「PLEN.D」(16万8000円) プレンプロジェクトの「PLEN.D」(16万8000円)

ユーザー自身が組み立てることでロボットの構造を学べるロボットキット。Kinnectや外部のセンサを使った操作が可能で、ローラースケートやサッカーなどの運動が得意だという。

ロボットゆうえんちの「プリメイドAI」(9万9000円) ロボットゆうえんちの「プリメイドAI」(9万9000円)

ダンスに特化したロボットで、27個のサーボモーターとジャイロセンサを搭載している。ダンスデータをダウンロードして機体に転送して踊らせることができ、音声ユニットや拡張基板などのオプションパーツにも対応していくという。

デアゴステーニ・ジャパンのRobi組み立て代行バージョン(価格未定) デアゴステーニ・ジャパンのRobi組み立て代行バージョン(価格未定)

週刊ロビ(全70号)を通じて、累計10万台出荷しているが、すぐに遊びたいというユーザーの声がきっかけとなり、特別タイアップという形で完成品をDMMで独占販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る