新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クアッドコアCPU/メモリ1GB搭載の「Raspberry Pi 2 Model B」発売

英Raspberry Pi財団は、プログラミング教育向け小型コンピュータ「Raspberry Pi Model B+」の新モデルとして、高速クアッドコアCPUと1Gバイトのメモリを搭載して大幅に処理性能を引き上げた「Raspberry Pi 2 Model B」を発表した。基板サイズやピン、コネクタの配置と仕様はModel B+と変わらない。

Raspberry Piシリーズにはこれまで、メインプロセッサとしてBroadcom製「BCM2835」(700MHzのARM11、シングルコア)を搭載してきたが、今回のRaspberry Pi 2 Model Bでは「BCM2836」(800MHzのCoretex-A7、クアッドコア)に変更した。メモリもRaspberry Pi Model B+の512Mバイトの2倍の1Gバイトに増やした。CPUとメモリ、およびそれらが強化されたことによる消費電力の増加を除けば、仕様はRaspberry Pi Model B+と変わらない。また、驚いたことにドルベース価格も35ドルで同じだ。

CPUとメモリの変更によって、Raspberry Pi 2 Model BはRaspberry Pi Model B+と比較すると、マルチスレッドのベンチマークで6倍(シングルスレッドのベンチマークでは1.5倍)、JavaScriptベンチマークで4倍、マルチコアビデオコーデックで20倍の性能になるという。

Raspberry Pi Model B+はRaspberry Pi 2 Model Bと併売する。また、Raspberry Pi Model A+については、少なくとも2015年中に、Raspberry Pi 2 Model A+をリリースする予定はないとしている。

また米Microsoftは、Raspberry Pi 2開発者向けに「Windows 10 for Raspberry Pi 2」を無償提供すると発表した。Windowsの開発者向けプログラム「Windows Developer Program for IoT」に参加することが条件となる。

日本ではアールエスコンポーネンツが取り扱いを開始しており、価格は4291円(税別)。 

※記事初出時、製品名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る