新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クアッドコアCPU/メモリ1GB搭載の「Raspberry Pi 2 Model B」発売

英Raspberry Pi財団は、プログラミング教育向け小型コンピュータ「Raspberry Pi Model B+」の新モデルとして、高速クアッドコアCPUと1Gバイトのメモリを搭載して大幅に処理性能を引き上げた「Raspberry Pi 2 Model B」を発表した。基板サイズやピン、コネクタの配置と仕様はModel B+と変わらない。

Raspberry Piシリーズにはこれまで、メインプロセッサとしてBroadcom製「BCM2835」(700MHzのARM11、シングルコア)を搭載してきたが、今回のRaspberry Pi 2 Model Bでは「BCM2836」(800MHzのCoretex-A7、クアッドコア)に変更した。メモリもRaspberry Pi Model B+の512Mバイトの2倍の1Gバイトに増やした。CPUとメモリ、およびそれらが強化されたことによる消費電力の増加を除けば、仕様はRaspberry Pi Model B+と変わらない。また、驚いたことにドルベース価格も35ドルで同じだ。

CPUとメモリの変更によって、Raspberry Pi 2 Model BはRaspberry Pi Model B+と比較すると、マルチスレッドのベンチマークで6倍(シングルスレッドのベンチマークでは1.5倍)、JavaScriptベンチマークで4倍、マルチコアビデオコーデックで20倍の性能になるという。

Raspberry Pi Model B+はRaspberry Pi 2 Model Bと併売する。また、Raspberry Pi Model A+については、少なくとも2015年中に、Raspberry Pi 2 Model A+をリリースする予定はないとしている。

また米Microsoftは、Raspberry Pi 2開発者向けに「Windows 10 for Raspberry Pi 2」を無償提供すると発表した。Windowsの開発者向けプログラム「Windows Developer Program for IoT」に参加することが条件となる。

日本ではアールエスコンポーネンツが取り扱いを開始しており、価格は4291円(税別)。 

※記事初出時、製品名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る