新しいものづくりがわかるメディア

RSS


KORG、「littleBits」に「Arduino Coding Kit」などデバイス開発関連キットを発売

コルグは、手軽に電子工作が楽しめるガジェット「littleBits」に、Arduinoやサーボモーターなどのモジュールをセットにした「Arduino Coding Kit」や、ブレッドボードを接続できるモジュールや自分で部品を載せられるモジュールをセットにした「Hardware Development Kit」など、電子デバイスが開発できるキットの販売を開始した。

Arduino Coding Kitは、電子デバイスのプロトタイピングに必要な8種類のモジュールや部品をセットにしたキット。含まれるモジュールは、「Arduino」入力の強さを光で表す「バーグラフBit」、ボタンスイッチ「ボタンBit」、可変抵抗「ディマーBit」、電源「パワーBit」、サーボモーター「サーボBit」、信号を分岐する「フォークBit」、littleBitsで作った回路を固定できる「マウンティングボード」、電池、ケーブル。価格は1万2000円(税別)、単品で買った場合の合計は1万8000円相当としている。

Hardware Development Kitは、littleBitsのモジュール自体を開発できるキット。新しいモジュールのプロトタイピングに必要な「プロトモジュール」×2と、電子部品を載せる電源配線済みの基板「PERFモジュール」、PERFモジュールに電子部品をはんだ付けなしで差し込むための「bitSnaps」×12が含まれる。価格は5500円(税込)。

さらに、インターネットに接続したIoTデバイスの開発に必要なモジュールをセットにした「Cloudbit Starter Kit」も近日発売する予定という。このキットには、USBパワーモジュール「USBパワーBit」、ケーブルの付いたLEDモジュール「ロングLED Bit」、ボタンスイッチ「ボタンBit」、サーボモーター「サーボBit」、音センサ「サウンド・トリガーBit」、Embedded Linuxベースのシングルボードコンピュータ「CloudBit」、USBパワーACアダプタ、ケーブル、作った回路を固定できる「マウンティングボード」が含まれる。価格は未定。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  7. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  8. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  9. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る