新しいものづくりがわかるメディア

RSS


KORG、「littleBits」に「Arduino Coding Kit」などデバイス開発関連キットを発売

コルグは、手軽に電子工作が楽しめるガジェット「littleBits」に、Arduinoやサーボモーターなどのモジュールをセットにした「Arduino Coding Kit」や、ブレッドボードを接続できるモジュールや自分で部品を載せられるモジュールをセットにした「Hardware Development Kit」など、電子デバイスが開発できるキットの販売を開始した。

Arduino Coding Kitは、電子デバイスのプロトタイピングに必要な8種類のモジュールや部品をセットにしたキット。含まれるモジュールは、「Arduino」入力の強さを光で表す「バーグラフBit」、ボタンスイッチ「ボタンBit」、可変抵抗「ディマーBit」、電源「パワーBit」、サーボモーター「サーボBit」、信号を分岐する「フォークBit」、littleBitsで作った回路を固定できる「マウンティングボード」、電池、ケーブル。価格は1万2000円(税別)、単品で買った場合の合計は1万8000円相当としている。

Hardware Development Kitは、littleBitsのモジュール自体を開発できるキット。新しいモジュールのプロトタイピングに必要な「プロトモジュール」×2と、電子部品を載せる電源配線済みの基板「PERFモジュール」、PERFモジュールに電子部品をはんだ付けなしで差し込むための「bitSnaps」×12が含まれる。価格は5500円(税込)。

さらに、インターネットに接続したIoTデバイスの開発に必要なモジュールをセットにした「Cloudbit Starter Kit」も近日発売する予定という。このキットには、USBパワーモジュール「USBパワーBit」、ケーブルの付いたLEDモジュール「ロングLED Bit」、ボタンスイッチ「ボタンBit」、サーボモーター「サーボBit」、音センサ「サウンド・トリガーBit」、Embedded Linuxベースのシングルボードコンピュータ「CloudBit」、USBパワーACアダプタ、ケーブル、作った回路を固定できる「マウンティングボード」が含まれる。価格は未定。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る