新しいものづくりがわかるメディア

RSS


KORG、「littleBits」に「Arduino Coding Kit」などデバイス開発関連キットを発売

コルグは、手軽に電子工作が楽しめるガジェット「littleBits」に、Arduinoやサーボモーターなどのモジュールをセットにした「Arduino Coding Kit」や、ブレッドボードを接続できるモジュールや自分で部品を載せられるモジュールをセットにした「Hardware Development Kit」など、電子デバイスが開発できるキットの販売を開始した。

Arduino Coding Kitは、電子デバイスのプロトタイピングに必要な8種類のモジュールや部品をセットにしたキット。含まれるモジュールは、「Arduino」入力の強さを光で表す「バーグラフBit」、ボタンスイッチ「ボタンBit」、可変抵抗「ディマーBit」、電源「パワーBit」、サーボモーター「サーボBit」、信号を分岐する「フォークBit」、littleBitsで作った回路を固定できる「マウンティングボード」、電池、ケーブル。価格は1万2000円(税別)、単品で買った場合の合計は1万8000円相当としている。

Hardware Development Kitは、littleBitsのモジュール自体を開発できるキット。新しいモジュールのプロトタイピングに必要な「プロトモジュール」×2と、電子部品を載せる電源配線済みの基板「PERFモジュール」、PERFモジュールに電子部品をはんだ付けなしで差し込むための「bitSnaps」×12が含まれる。価格は5500円(税込)。

さらに、インターネットに接続したIoTデバイスの開発に必要なモジュールをセットにした「Cloudbit Starter Kit」も近日発売する予定という。このキットには、USBパワーモジュール「USBパワーBit」、ケーブルの付いたLEDモジュール「ロングLED Bit」、ボタンスイッチ「ボタンBit」、サーボモーター「サーボBit」、音センサ「サウンド・トリガーBit」、Embedded Linuxベースのシングルボードコンピュータ「CloudBit」、USBパワーACアダプタ、ケーブル、作った回路を固定できる「マウンティングボード」が含まれる。価格は未定。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る