新しいものづくりがわかるメディア

RSS


絵や文字、幾何学模様を自動で描くロボットキット「mDrawBot」

中国の深センを拠点とするMakeblockは、ペンなどを取り付けて絵や文字、幾何学模様を自動で描くロボットキット「mDrawBot」の資金調達を、Kickstarterで開始した。

mDrawBotからは用途の異なる4種類のロボットが組立て可能だ。「mScara」は机などの平面上でアームを動作させるロボット。レーザーダイオードをつかませれば、レーザー彫刻もできる。「mSpider」は壁やホワイトボード、「mEggBot」は卵やピンポン球などの印刷が困難な形状の物への使用を想定している。「mCar」は3輪の移動ロボットで、チョークを取り付けて床に絵を描くといった用途を想定している。

mDrawBotには詳細な説明書が用意されており、どのロボットも1時間程度で組み立てられるという。専用ソフトウェアはオープンソースで、Githubに公開されている。

mDrawBot単体としては文字や絵、模様などを描く機能しかないが、別のロボットパーツと組み合わせることで、数独を解いていくロボット、心電図を測定・記録するロボットなどに発展させていくことも可能だという。

mDrawBotは5月8日までKickstarterでクラウドファンディング中。記事執筆時点では、目標額の5万ドル(約595万円)に対し、約3万ドル(約357万円)を集めている。記事執筆時点では、159ドル(約1万9000円)でmDrawBotのスタンダードキットを1組入手できる。日本への発送も可能で、納期は2015年5月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る