新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MakerBotがリストラ、従業員の一部をレイオフし米国の直営店は閉店

Stratasysの傘下で、大手FFF(熱溶融積層)方式3DプリンタメーカーのMakerBotは、事業を再構築するために従業員の一部をレイオフ(一時解雇)すると共に米国内の直営店を閉鎖すると発表した。

4月17日付けのMakerBotの公式ブログによると、同社は2012年から2014年にかけて600%以上の成長をしたが、現在は事業を顧客中心に再構築しており、経費削減のため従業員を減らすと共に直営店を閉鎖したという。同ブログでMakerBotを2013年に買収したStratasysのデビッド・レイスCEOは、今後プロフェッショナル市場および教育市場に力を入れるとコメントしている。

MakerBotの米国内の直営店はニューヨーク、ボストン、グリニッチ(コネチカット州)に3店舗あったが、現地メディアによると既に閉鎖された。MakerBotのブログではレイオフした従業員数について明らかにしていないが、複数の米国メディアは社員の20%にあたる100人ほどと報じている。

fabcross編集部では、日本のMakerBot事業への影響についてストラタシス・ジャパンに問い合わせているが、記事執筆時点では回答を得られていない。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る