新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MakerBotがリストラ、従業員の一部をレイオフし米国の直営店は閉店

Stratasysの傘下で、大手FFF(熱溶融積層)方式3DプリンタメーカーのMakerBotは、事業を再構築するために従業員の一部をレイオフ(一時解雇)すると共に米国内の直営店を閉鎖すると発表した。

4月17日付けのMakerBotの公式ブログによると、同社は2012年から2014年にかけて600%以上の成長をしたが、現在は事業を顧客中心に再構築しており、経費削減のため従業員を減らすと共に直営店を閉鎖したという。同ブログでMakerBotを2013年に買収したStratasysのデビッド・レイスCEOは、今後プロフェッショナル市場および教育市場に力を入れるとコメントしている。

MakerBotの米国内の直営店はニューヨーク、ボストン、グリニッチ(コネチカット州)に3店舗あったが、現地メディアによると既に閉鎖された。MakerBotのブログではレイオフした従業員数について明らかにしていないが、複数の米国メディアは社員の20%にあたる100人ほどと報じている。

fabcross編集部では、日本のMakerBot事業への影響についてストラタシス・ジャパンに問い合わせているが、記事執筆時点では回答を得られていない。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る