新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MakerBot、紙に描いたスケッチを簡単に立体化できるアプリ「PrintShop 1.5」リリース

3DプリンタメーカーのMakerBotは、3Dモデリングの初心者でも簡単に3Dデータが作成できるiPad向けアプリ「PrintShop」の新バージョン「PrintShop 1.5」をリリースした。紙に描いたスケッチをカメラで撮影して立体化する「Shape Maker」機能が加わった。

PrintShopは2014年6月に最初のバージョンがリリースされた無料アプリで、「Type Maker」(3Dロゴ作成)、「Ring Maker」(指輪作成)、「Bracelet Maker」(ブレスレット作成)、の3つから作りたいものを選んで、文字やサイズ、飾りなどをカスタマイズして3Dモデルが作成できた。その後のバージョンアップで、「Vase Maker」(花瓶のようなつぼを作成)、「Medal Maker」(メダル作成)機能が加わっていた。

今回追加されたShape Makerは、これまでの機能のようにあらかじめ用意された形があるわけではなく、紙に描いたモノクロのスケッチ画をベースに、スライダーを動かして厚みを加えたりトリミングしたりできる。作成した3Dデータは他の機能で作成したものと同様に、ワンボタンでプリントできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る