新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MakerBot、紙に描いたスケッチを簡単に立体化できるアプリ「PrintShop 1.5」リリース

3DプリンタメーカーのMakerBotは、3Dモデリングの初心者でも簡単に3Dデータが作成できるiPad向けアプリ「PrintShop」の新バージョン「PrintShop 1.5」をリリースした。紙に描いたスケッチをカメラで撮影して立体化する「Shape Maker」機能が加わった。

PrintShopは2014年6月に最初のバージョンがリリースされた無料アプリで、「Type Maker」(3Dロゴ作成)、「Ring Maker」(指輪作成)、「Bracelet Maker」(ブレスレット作成)、の3つから作りたいものを選んで、文字やサイズ、飾りなどをカスタマイズして3Dモデルが作成できた。その後のバージョンアップで、「Vase Maker」(花瓶のようなつぼを作成)、「Medal Maker」(メダル作成)機能が加わっていた。

今回追加されたShape Makerは、これまでの機能のようにあらかじめ用意された形があるわけではなく、紙に描いたモノクロのスケッチ画をベースに、スライダーを動かして厚みを加えたりトリミングしたりできる。作成した3Dデータは他の機能で作成したものと同様に、ワンボタンでプリントできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る