新しいものづくりがわかるメディア

RSS


積み重ねてIoTデバイスを作る電子ブロック「Microduino mCookie」

2013年に超小型Arduino互換ボード「Microduino」プロジェクトをKickstarterで成功させたMicroduino Studioが、Kickstarterで新たなプロジェクトを開始した。「Microduino mCookie」はArduino互換モジュールと、通信や出力などさまざまな機能を持つ小さくて平べったいモジュールのセットで、モジュール同士は重ね合わせるだけで、磁石で簡単に(電気的にも)接続できる。レゴの規格にあう突起もあり、レゴと組み合わせて使うこともできる。

磁石を使ってくっついて回路を作れる電子ガジェットといえば、同じくKickstarterのプロジェクトからスタートした「littleBits」が有名だが、littleBitsが電子回路を作ることを主眼に置いている(最近プログラムも可能になった)のに対して、Microduino mCookieはプログラミングやネットワーク接続が前提で、IoTガジェットを作るという点が異なる。

各モジュールは機能別に色分けされており、コントローラ(赤)、Wi-FiやBluetoothなどの通信モジュール(青)、GPSやマイクロSDソケットなどの機能モジュール(黄)、モータードライバやアンプなどの拡張モジュール(緑)の4種類がある。コントローラはArduino互換なので、Arduino IDEでプログラミングもできる。

Microduino mCookieは6月17日までKickstarterでクラウドファンディング中。目標額の4万ドル(約480万円)は早々に達成し、6万ドル(約720万円)近くを集めている。記事執筆時点では、68ドル(約8200円)でMicroduino mCookieの基本キットを1セット入手できる(コントローラ、Bluetooth、バッテリ、ハブの計4種類のモジュールを含む)。日本への発送も可能(送料は15ドル)で、納期は2015年の7月の予定だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る