新しいものづくりがわかるメディア

RSS


積み重ねてIoTデバイスを作る電子ブロック「Microduino mCookie」

2013年に超小型Arduino互換ボード「Microduino」プロジェクトをKickstarterで成功させたMicroduino Studioが、Kickstarterで新たなプロジェクトを開始した。「Microduino mCookie」はArduino互換モジュールと、通信や出力などさまざまな機能を持つ小さくて平べったいモジュールのセットで、モジュール同士は重ね合わせるだけで、磁石で簡単に(電気的にも)接続できる。レゴの規格にあう突起もあり、レゴと組み合わせて使うこともできる。

磁石を使ってくっついて回路を作れる電子ガジェットといえば、同じくKickstarterのプロジェクトからスタートした「littleBits」が有名だが、littleBitsが電子回路を作ることを主眼に置いている(最近プログラムも可能になった)のに対して、Microduino mCookieはプログラミングやネットワーク接続が前提で、IoTガジェットを作るという点が異なる。

各モジュールは機能別に色分けされており、コントローラ(赤)、Wi-FiやBluetoothなどの通信モジュール(青)、GPSやマイクロSDソケットなどの機能モジュール(黄)、モータードライバやアンプなどの拡張モジュール(緑)の4種類がある。コントローラはArduino互換なので、Arduino IDEでプログラミングもできる。

Microduino mCookieは6月17日までKickstarterでクラウドファンディング中。目標額の4万ドル(約480万円)は早々に達成し、6万ドル(約720万円)近くを集めている。記事執筆時点では、68ドル(約8200円)でMicroduino mCookieの基本キットを1セット入手できる(コントローラ、Bluetooth、バッテリ、ハブの計4種類のモジュールを含む)。日本への発送も可能(送料は15ドル)で、納期は2015年の7月の予定だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  7. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  10. DVDプレーヤーの部品で作るオープンソースプロジェクト、「レーザー走査型顕微鏡」が公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る