新しいものづくりがわかるメディア

RSS


積み重ねてIoTデバイスを作る電子ブロック「Microduino mCookie」

2013年に超小型Arduino互換ボード「Microduino」プロジェクトをKickstarterで成功させたMicroduino Studioが、Kickstarterで新たなプロジェクトを開始した。「Microduino mCookie」はArduino互換モジュールと、通信や出力などさまざまな機能を持つ小さくて平べったいモジュールのセットで、モジュール同士は重ね合わせるだけで、磁石で簡単に(電気的にも)接続できる。レゴの規格にあう突起もあり、レゴと組み合わせて使うこともできる。

磁石を使ってくっついて回路を作れる電子ガジェットといえば、同じくKickstarterのプロジェクトからスタートした「littleBits」が有名だが、littleBitsが電子回路を作ることを主眼に置いている(最近プログラムも可能になった)のに対して、Microduino mCookieはプログラミングやネットワーク接続が前提で、IoTガジェットを作るという点が異なる。

各モジュールは機能別に色分けされており、コントローラ(赤)、Wi-FiやBluetoothなどの通信モジュール(青)、GPSやマイクロSDソケットなどの機能モジュール(黄)、モータードライバやアンプなどの拡張モジュール(緑)の4種類がある。コントローラはArduino互換なので、Arduino IDEでプログラミングもできる。

Microduino mCookieは6月17日までKickstarterでクラウドファンディング中。目標額の4万ドル(約480万円)は早々に達成し、6万ドル(約720万円)近くを集めている。記事執筆時点では、68ドル(約8200円)でMicroduino mCookieの基本キットを1セット入手できる(コントローラ、Bluetooth、バッテリ、ハブの計4種類のモジュールを含む)。日本への発送も可能(送料は15ドル)で、納期は2015年の7月の予定だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る