新しいものづくりがわかるメディア

RSS


美しい風景を高品質動画で楽しめるデジタル窓「Atmoph Window」、京都から

京都発のプロジェクト、4K映像と音を流す27インチディスプレイ「Atmoph Window」がKickstarterで人気を集めている。世界中で撮影した映像やライブストリーミング映像を用意しており、壁面に設置すれば、まるで窓のように、世界中の美しい風景を眺めて楽しむことができるという。開発者の姜京日氏と中野恭兵氏は共に任天堂出身だ。

Atmoph Windowの仕様は、ディスプレイサイズが27インチ、解像度はフルHD (1920×1080)。この縦長のデジタル窓の中に広がるのは、世界各地で撮影したオリジナルの美しい4K動画だ。現在80本以上のバリエーションがあり、さらに新しい種類も追加される予定としている。Wi-Fi経由でダウンロードでき、切り替え操作はスマートフォンやタブレット端末で行う。近接センサによって手をかざして、天気や時間などを表示させることもできる。

Atmoph Windowは6月11日までKickstarterでクラウドファンディング中。記事執筆時点で、目標額の10万ドル(約1248万円)を達成済みだ。記事執筆時点では、499ドル(約6万2000円)でAtmoph Windowを1台入手できる(本体の枠の色を、オーク、ウォールナッツ、ホワイトまたはブラックのいずれかを選べる)。納期は2016年の5月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る