新しいものづくりがわかるメディア

RSS


美しい風景を高品質動画で楽しめるデジタル窓「Atmoph Window」、京都から

京都発のプロジェクト、4K映像と音を流す27インチディスプレイ「Atmoph Window」がKickstarterで人気を集めている。世界中で撮影した映像やライブストリーミング映像を用意しており、壁面に設置すれば、まるで窓のように、世界中の美しい風景を眺めて楽しむことができるという。開発者の姜京日氏と中野恭兵氏は共に任天堂出身だ。

Atmoph Windowの仕様は、ディスプレイサイズが27インチ、解像度はフルHD (1920×1080)。この縦長のデジタル窓の中に広がるのは、世界各地で撮影したオリジナルの美しい4K動画だ。現在80本以上のバリエーションがあり、さらに新しい種類も追加される予定としている。Wi-Fi経由でダウンロードでき、切り替え操作はスマートフォンやタブレット端末で行う。近接センサによって手をかざして、天気や時間などを表示させることもできる。

Atmoph Windowは6月11日までKickstarterでクラウドファンディング中。記事執筆時点で、目標額の10万ドル(約1248万円)を達成済みだ。記事執筆時点では、499ドル(約6万2000円)でAtmoph Windowを1台入手できる(本体の枠の色を、オーク、ウォールナッツ、ホワイトまたはブラックのいずれかを選べる)。納期は2016年の5月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る