新しいものづくりがわかるメディア

RSS


美しい風景を高品質動画で楽しめるデジタル窓「Atmoph Window」、京都から

京都発のプロジェクト、4K映像と音を流す27インチディスプレイ「Atmoph Window」がKickstarterで人気を集めている。世界中で撮影した映像やライブストリーミング映像を用意しており、壁面に設置すれば、まるで窓のように、世界中の美しい風景を眺めて楽しむことができるという。開発者の姜京日氏と中野恭兵氏は共に任天堂出身だ。

Atmoph Windowの仕様は、ディスプレイサイズが27インチ、解像度はフルHD (1920×1080)。この縦長のデジタル窓の中に広がるのは、世界各地で撮影したオリジナルの美しい4K動画だ。現在80本以上のバリエーションがあり、さらに新しい種類も追加される予定としている。Wi-Fi経由でダウンロードでき、切り替え操作はスマートフォンやタブレット端末で行う。近接センサによって手をかざして、天気や時間などを表示させることもできる。

Atmoph Windowは6月11日までKickstarterでクラウドファンディング中。記事執筆時点で、目標額の10万ドル(約1248万円)を達成済みだ。記事執筆時点では、499ドル(約6万2000円)でAtmoph Windowを1台入手できる(本体の枠の色を、オーク、ウォールナッツ、ホワイトまたはブラックのいずれかを選べる)。納期は2016年の5月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  5. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  6. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  10. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る