新しいものづくりがわかるメディア

RSS


美しい風景を高品質動画で楽しめるデジタル窓「Atmoph Window」、京都から

京都発のプロジェクト、4K映像と音を流す27インチディスプレイ「Atmoph Window」がKickstarterで人気を集めている。世界中で撮影した映像やライブストリーミング映像を用意しており、壁面に設置すれば、まるで窓のように、世界中の美しい風景を眺めて楽しむことができるという。開発者の姜京日氏と中野恭兵氏は共に任天堂出身だ。

Atmoph Windowの仕様は、ディスプレイサイズが27インチ、解像度はフルHD (1920×1080)。この縦長のデジタル窓の中に広がるのは、世界各地で撮影したオリジナルの美しい4K動画だ。現在80本以上のバリエーションがあり、さらに新しい種類も追加される予定としている。Wi-Fi経由でダウンロードでき、切り替え操作はスマートフォンやタブレット端末で行う。近接センサによって手をかざして、天気や時間などを表示させることもできる。

Atmoph Windowは6月11日までKickstarterでクラウドファンディング中。記事執筆時点で、目標額の10万ドル(約1248万円)を達成済みだ。記事執筆時点では、499ドル(約6万2000円)でAtmoph Windowを1台入手できる(本体の枠の色を、オーク、ウォールナッツ、ホワイトまたはブラックのいずれかを選べる)。納期は2016年の5月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る