新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リンクスインターナショナル、3Dプリンタでどくろ型筐体を造型したパソコン「LIVA BORNE」発売

リンクスインターナショナルは、3Dプリンタで造型したどくろ型筐体を持つパソコン「LIVA BORNE」を発売した。筐体の3Dデータは無償公開し、対応するコンピュータボードを持つユーザーが自分で3Dプリントして利用できる。

LIVA BORNEは、LIVAブランドで販売しているWindows 8.1搭載の超小型デスクトップパソコンシリーズのメインボードがぴったり収まるどくろ型ケースと、メインボードをセットにした製品。メインボードとケースのセットには専用のスタンド(3500円相当)が付いて3万1380円(税込)、どくろ型ケース単体は9980円(税込)。DMM.makeクリエイターズマーケットとAmazon.co.jpで販売している。また、どくろ型ケースの3DデータはLIVA BORNE専用サイトで公開しており、だれでもダウンロードして3Dプリンタで出力できる。商用利用は禁止しているが、改変は自由。

販売するどくろ型ケースは、産業用のEOS製粉末焼結方式3Dプリンタ「FORMIGA P110」を使って製造している。LIVA BORNEは、DMM.makeのクラウドソーシングサービスと3Dプリンタ出力サービスを利用したとのことだ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  2. Wi-Fi対応Arduino互換マイコンを作ろう——CQ出版、「トランジスタ技術 2017年11月号」で「IoT Express」を特集
  3. デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」
  4. 加工エリアは最大3m×2.5m——自走式ルーターロボットCNC「Goliath CNC」
  5. レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」
  6. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  7. 機械語プログラミングを学習できる——教育用4ビットマイコンボード「ORANGE-4」
  8. LEDテープとハーフミラーで作る合わせ鏡——「Desktop Infinity Mirror」
  9. FPGAビギナーに最適——Altera MAX10搭載FPGAボード「MaxProLogic」
  10. 武藤工業、造形後に変形できる3Dプリンター用フィラメント発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る