新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リンクスインターナショナル、3Dプリンタでどくろ型筐体を造型したパソコン「LIVA BORNE」発売

リンクスインターナショナルは、3Dプリンタで造型したどくろ型筐体を持つパソコン「LIVA BORNE」を発売した。筐体の3Dデータは無償公開し、対応するコンピュータボードを持つユーザーが自分で3Dプリントして利用できる。

LIVA BORNEは、LIVAブランドで販売しているWindows 8.1搭載の超小型デスクトップパソコンシリーズのメインボードがぴったり収まるどくろ型ケースと、メインボードをセットにした製品。メインボードとケースのセットには専用のスタンド(3500円相当)が付いて3万1380円(税込)、どくろ型ケース単体は9980円(税込)。DMM.makeクリエイターズマーケットとAmazon.co.jpで販売している。また、どくろ型ケースの3DデータはLIVA BORNE専用サイトで公開しており、だれでもダウンロードして3Dプリンタで出力できる。商用利用は禁止しているが、改変は自由。

販売するどくろ型ケースは、産業用のEOS製粉末焼結方式3Dプリンタ「FORMIGA P110」を使って製造している。LIVA BORNEは、DMM.makeのクラウドソーシングサービスと3Dプリンタ出力サービスを利用したとのことだ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  6. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  7. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  8. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  9. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る