新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リンクスインターナショナル、3Dプリンタでどくろ型筐体を造型したパソコン「LIVA BORNE」発売

リンクスインターナショナルは、3Dプリンタで造型したどくろ型筐体を持つパソコン「LIVA BORNE」を発売した。筐体の3Dデータは無償公開し、対応するコンピュータボードを持つユーザーが自分で3Dプリントして利用できる。

LIVA BORNEは、LIVAブランドで販売しているWindows 8.1搭載の超小型デスクトップパソコンシリーズのメインボードがぴったり収まるどくろ型ケースと、メインボードをセットにした製品。メインボードとケースのセットには専用のスタンド(3500円相当)が付いて3万1380円(税込)、どくろ型ケース単体は9980円(税込)。DMM.makeクリエイターズマーケットとAmazon.co.jpで販売している。また、どくろ型ケースの3DデータはLIVA BORNE専用サイトで公開しており、だれでもダウンロードして3Dプリンタで出力できる。商用利用は禁止しているが、改変は自由。

販売するどくろ型ケースは、産業用のEOS製粉末焼結方式3Dプリンタ「FORMIGA P110」を使って製造している。LIVA BORNEは、DMM.makeのクラウドソーシングサービスと3Dプリンタ出力サービスを利用したとのことだ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. シンプルながら多機能——インクスクリーン採用のスマートウォッチ「GLIGO」
  2. 3ピース構造でPiカメラがマウントできる——カラフルなRaspberry Piケース「PiShell」
  3. オーム社、機械学習の基礎知識から深層学習までを学ぶ「マンガでわかる機械学習」発刊
  4. Arduino Zero互換でクロック120MHz——32-bit ARM M4Fマイコンモジュール「Tachyon」
  5. 指にはめてどこでもタイピング——ウェアラブルキーボード「Tap」
  6. デスクトップにおける小型メタルボディ——FFF方式小型3Dプリンター「rs-Mini」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. カットシステム、OpenCVによる画像、動画処理の解説書「Pythonで始めるOpenCV3プログラミング」発刊
  9. 「第22回機械要素技術展」で、自分でも買えそうな気になる製品を探してみた
  10. 新生活に役立つものを1000円で作っちゃおう!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る