新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リンクスインターナショナル、3Dプリンタでどくろ型筐体を造型したパソコン「LIVA BORNE」発売

リンクスインターナショナルは、3Dプリンタで造型したどくろ型筐体を持つパソコン「LIVA BORNE」を発売した。筐体の3Dデータは無償公開し、対応するコンピュータボードを持つユーザーが自分で3Dプリントして利用できる。

LIVA BORNEは、LIVAブランドで販売しているWindows 8.1搭載の超小型デスクトップパソコンシリーズのメインボードがぴったり収まるどくろ型ケースと、メインボードをセットにした製品。メインボードとケースのセットには専用のスタンド(3500円相当)が付いて3万1380円(税込)、どくろ型ケース単体は9980円(税込)。DMM.makeクリエイターズマーケットとAmazon.co.jpで販売している。また、どくろ型ケースの3DデータはLIVA BORNE専用サイトで公開しており、だれでもダウンロードして3Dプリンタで出力できる。商用利用は禁止しているが、改変は自由。

販売するどくろ型ケースは、産業用のEOS製粉末焼結方式3Dプリンタ「FORMIGA P110」を使って製造している。LIVA BORNEは、DMM.makeのクラウドソーシングサービスと3Dプリンタ出力サービスを利用したとのことだ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. 透明素材×3Dプリンターで爽やかアクセサリーづくり!
  4. アイデミー、AIプログラミングの教科書「Pythonで動かして学ぶ!あたらしい深層学習の教科書 機械学習の基本から深層学習まで」発刊
  5. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  6. 装置全体を覆ってベルトレス、数回のクリックで造形できる3Dプリンター「Leaf-a」
  7. XYZプリンティング、小型FFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ Jr. WiFi Pro」発売
  8. 新素材により軽量化と高速化を実現——デルタ型FFF方式3Dプリンターキット「ZATSIT」
  9. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  10. マイクロチップ・テクノロジー、Google Cloud向けAVR MCU開発ボード「AC164160」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る