新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンソースベースのレーザーカッター/刻印機「ZelosLaser 2.0」

ドイツのポツダムに本拠を置くZelosLaserは、オープンソースベースのレーザーカッター/刻印機「ZelosLaser 2.0」のプロジェクトをKickstarterで立ち上げた。360~530ユーロ(約4万9000円~7万2000円)という手ごろな価格と拡張性で人気を集めている。

レーザーダイオードの出力ワット数は300mwと2Wの2タイプ。300mwは主に刻印用で、プラスチックや革、フォームラバー、バルサ材への刻印(マーキング)が可能だが、カットは一部の素材のみ。一方、2Wではバルサ材(最大厚さ3mm)やベニヤ板(最大厚さ1mm)、皮革(最大厚さ3mm)のカットが可能で、アクリルへの刻印もできる。

制御はArduino Uno3マイクロコントローラ、ドライバボードはGRBLシールドV.3を使用する。対応電源は110/240Vで、電源プラグが別途付属する(出荷時にUS、EUなど4種類の形状から1つ選択する)。

ZelosLaser 2.0には、Normal、BIG MAMAの2タイプある。本体サイズは、Normalが440×350×220mm、BIG MAMAが800×800×220mm。作業エリアはNomalが170×280mmに対し、BIG MAMAは510×640mmだ。なおBIG MAMAについては、レーザーダイオードの出力ワット数は2Wのみ。

価格はNormalが395ユーロ(約5万3800円)、BIG MAMAが530ユーロ(約7万2000円)。全世界に発送可能だが、送料と関税が別途必要。BIG MAMAサイズの早期割引分は完売。Kickstarterでの目標額2500ユーロ(約34万円)は達成済み。記事執筆時点で約2万2000ユーロ(約300万円)を集めている。

出荷については、順調にいけば2015年11月中旬を予定している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る