新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンソースベースのレーザーカッター/刻印機「ZelosLaser 2.0」

ドイツのポツダムに本拠を置くZelosLaserは、オープンソースベースのレーザーカッター/刻印機「ZelosLaser 2.0」のプロジェクトをKickstarterで立ち上げた。360~530ユーロ(約4万9000円~7万2000円)という手ごろな価格と拡張性で人気を集めている。

レーザーダイオードの出力ワット数は300mwと2Wの2タイプ。300mwは主に刻印用で、プラスチックや革、フォームラバー、バルサ材への刻印(マーキング)が可能だが、カットは一部の素材のみ。一方、2Wではバルサ材(最大厚さ3mm)やベニヤ板(最大厚さ1mm)、皮革(最大厚さ3mm)のカットが可能で、アクリルへの刻印もできる。

制御はArduino Uno3マイクロコントローラ、ドライバボードはGRBLシールドV.3を使用する。対応電源は110/240Vで、電源プラグが別途付属する(出荷時にUS、EUなど4種類の形状から1つ選択する)。

ZelosLaser 2.0には、Normal、BIG MAMAの2タイプある。本体サイズは、Normalが440×350×220mm、BIG MAMAが800×800×220mm。作業エリアはNomalが170×280mmに対し、BIG MAMAは510×640mmだ。なおBIG MAMAについては、レーザーダイオードの出力ワット数は2Wのみ。

価格はNormalが395ユーロ(約5万3800円)、BIG MAMAが530ユーロ(約7万2000円)。全世界に発送可能だが、送料と関税が別途必要。BIG MAMAサイズの早期割引分は完売。Kickstarterでの目標額2500ユーロ(約34万円)は達成済み。記事執筆時点で約2万2000ユーロ(約300万円)を集めている。

出荷については、順調にいけば2015年11月中旬を予定している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 電子工作マニア向け——プリント基板のパターンが印刷された定規「Zero Ruler V2」
  3. 子供が作っておウチで役立つIoT——実践型電子工作教材「PRO-CUBE」
  4. 全員FW!サッカー盤と電動ドリルを合体させてみた
  5. Autodesk、Fusion 360の大型アップデートを実施——シートメタル機能などを追加
  6. エアコンの稼働状況を可視化——家電をIoT化するデバイス「eRemote pro」
  7. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  8. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  9. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  10. SLAMナビゲーションも可能——ロボット製作キット「CrazyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る