新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トウモロコシを原料にした、柔軟で熱にも冷気にも耐える生分解性フィラメント「WillowFlex Filament」

トウモロコシから作るデンプンを原料にした、柔軟性に富み、日常生活で使う熱や冷気に耐える「WillowFlex Filament」が、Kickstarterに登場した。廃棄時は土に埋めると1年ほどで分解され土に戻るという。

原料である、遺伝子組み換えでないトウモロコシから作られたデンプン(コーンスターチ)は、ダンボールや製紙など工業用途のほか、ビールの醸造や水あめ、ブドウ糖などの糖化原料にも用いられている。ほとんど無臭で、人体への有害な影響はない。

WillowFlexは熱/冷気に耐性があり、100度以上の温度に耐えられるため、マグカップにして熱湯を注いだり、サンダルにして熱したアスファルトの上を歩いたりしても変形することはない。また、マイナス15度の冷気にも繰り返し耐えるため、製氷皿に使うことも可能だ。ゴムのような柔軟性を持つため、バッテリやディスプレイなど工業用途での利用も期待できるという。

堆肥に混ぜて埋め、6カ月経過した状態。 堆肥に混ぜて埋め、6カ月経過した状態。

3Dプリンタにおける設定温度は175~185度、推奨造形速度は毎秒50~70mm。フィラメント径は1.75mmだ。非加熱式プリントベッドでの利用となる。WillowFlexを開発したのはドイツのベルリンにあるBioinspiration。同市の3dk.berlin、アメリカのカンザス州に本拠を置くGREEN DOTが協力している。

フィラメントのカラーバリエーションは、肌色のほか、緑や赤など10色から選択可能。10色のうち5色は、今後の投票により決定する。

価格はSサイズ300gが26ユーロ(約3500円)、Mサイズ500gが41ユーロ(約5600円)、1kgが82ユーロ(約1万1000円)。それぞれ3個や5個セットでの割引価格もある。

Kickstarterでのプロジェクト目標額8450ユーロ(約115万円)に対し、記事執筆時点で6000ユーロ(約81万円)超を集めている。出荷については、2015年10月ころを予定している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る