新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オートデスク、3D CAD/CAM/CAE「Autodesk Fusion 360日本語版」を今秋リリースへ

オートデスクは、クラウドベースの3D CAD/CAM/CAEプラットフォーム「Autodesk Fusion 360(以下Fusion 360)」の日本語版を2015年秋に提供開始する。Fusion 360は、設計から製造、解析までクラウドベースのプラットフォーム上に統合したサービス。

Fusion 360は、2013年から英語版を提供しているが、日本の個人ユーザーやスタートアップ企業から多くの要望を受け、日本語版を用意することにした。Fusion 360は、プロダクトデザインの一連の流れを1つのプラットフォーム上で行えるため、ハードウェアスタートアップ企業のデザイン/設計のプロセスにマッチし、従来のCADとは異なる市場を作り出しているという。筋電義手の「handiii」を開発しているexiiiもFusion 360のユーザー企業の1社だ。

日本語版対応の発表にあたって来日した、米AutodeskのFusion 360担当ディレクター、ケビン・シュナイダー氏によれば、教育目的では無償で利用できることもあり、欧米では教育の現場にFusion 360がかなり普及しているという。 なかでも、米国ではスタンフォード大やMITでFusion 360を使ったカリキュラムがあり、中学、高校では相当数の学校に浸透しているという。

また企業での利用事例として、医療機器メーカーが開発中の製品データをFusion 360のウェブのグループウェア上で医師に共有することで製品のフィードバックと改善を短いサイクルで行え、品質の高い製品を従来よりも短期間で市場に投入できたと述べた。

Fusion 360の利用料金は月額4320円または年額3万5640円。アイデアを具現化したり起業したりするためにFusion 360を習得しようとする学生や、ホビー用途の個人、スタートアップ企業は無償で利用できる。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る