新しいものづくりがわかるメディア

RSS


積層ピッチ50μmで毎秒400mmのプリント速度を誇る高速3Dプリンタ「Readybox」

一般的なパーソナル3Dプリンタと比べてプリント速度が6倍以上になるという高速3Dプリンタ「Readybox」が、Kickstarterで出資を募っている。積層ピッチ50μmでプリントした際の最高プリント速度は毎秒400mm、押出成形をせずにプリントヘッドを移動させるだけなら最大毎秒700mmに達する。

高さ30cm以上の造形でも、3時間で完了できる。 高さ30cm以上の造形でも、3時間で完了できる。

開発者のBrett Potter氏は21歳で米メリーランド大学工学部の学生。開発のきっかけは、多くの3Dプリンタを実際に使ってはみたものの、どれも品質が低く満足できなかったという。

一般的な3Dプリンタと比べて大幅に高速化できたのは、新開発の押出機によるところが大きい。新型押出機はフィラメントを押し出す力が強いため、フィラメントの供給スピードがアップするとともに、ノズルの目詰まりも防ぐ効果が見込め、特許出願済みだ。2.85mm径か3mm径のPLAフィラメントが使用できる。

Readyboxは330×330×330mmという造形サイズの大きさも魅力。Kickstarterで11月4日までクラウドファンディング中だ。記事執筆時点では目標額の1万2500ドル(約149万円)を大きく超える1万8000ドル(約215万円)強を集めている。

記事執筆時点では、早期割引分として2799ドル(約 33万4000円)でReadyboxを1台入手できる。納期は2016年5月の予定だが、日本への出荷は要問い合わせとなっている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る