新しいものづくりがわかるメディア

RSS


積層ピッチ50μmで毎秒400mmのプリント速度を誇る高速3Dプリンタ「Readybox」

一般的なパーソナル3Dプリンタと比べてプリント速度が6倍以上になるという高速3Dプリンタ「Readybox」が、Kickstarterで出資を募っている。積層ピッチ50μmでプリントした際の最高プリント速度は毎秒400mm、押出成形をせずにプリントヘッドを移動させるだけなら最大毎秒700mmに達する。

高さ30cm以上の造形でも、3時間で完了できる。 高さ30cm以上の造形でも、3時間で完了できる。

開発者のBrett Potter氏は21歳で米メリーランド大学工学部の学生。開発のきっかけは、多くの3Dプリンタを実際に使ってはみたものの、どれも品質が低く満足できなかったという。

一般的な3Dプリンタと比べて大幅に高速化できたのは、新開発の押出機によるところが大きい。新型押出機はフィラメントを押し出す力が強いため、フィラメントの供給スピードがアップするとともに、ノズルの目詰まりも防ぐ効果が見込め、特許出願済みだ。2.85mm径か3mm径のPLAフィラメントが使用できる。

Readyboxは330×330×330mmという造形サイズの大きさも魅力。Kickstarterで11月4日までクラウドファンディング中だ。記事執筆時点では目標額の1万2500ドル(約149万円)を大きく超える1万8000ドル(約215万円)強を集めている。

記事執筆時点では、早期割引分として2799ドル(約 33万4000円)でReadyboxを1台入手できる。納期は2016年5月の予定だが、日本への出荷は要問い合わせとなっている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る