新しいものづくりがわかるメディア

RSS


たった3ステップ、5分の操作でIoTアプリを開発できる「Wio Link」

たった3ステップ、設定時間5分でIoTアプリケーションを開発できるようになるとうたうIoTデバイス「Wio Link」がKickstarterで支援者を募集している。

Wio Linkを開発したのは、米サンフランシスコに本拠を構えるSeeed。Wio LinkはESP8266をベースに開発され、Wi-Fi機能を備えたオープンソースのIoT向けデバイスだ。

これまでIoTアプリケーションを構築するためには、電子工学やプログラミングなど、ハードウエアとソフトウエアの両面において幅広い専門知識と技術が必要だった。ところがWio Linkの設定に、プログラミングは必要ない。スマホ向けアプリなどを使用して、センサのタグをドラッグ、対応させるピンにドロップするなどの感覚的な操作で設定できるようになる。

Wio Linkはクラウド経由でファームウエアをコンパイルし、アップデートもWi-Fi経由で対応。クラウド上には、150以上のセンサ/アクチュエータ用Groveモジュールなどのハードウエアライブラリが用意されていて、ソフトウエアやアプリの開発をすぐに始められるようになっている。

さらに、IFTTTアプリにも対応。不在着信があったことを伝えるガジェット、指示を送るとペットにえさを与えてくれる装置などを開発できるようになるという。

Kickstarterでの出資目標額は2万ドル(約246万円)。12月7日時点で目標額の3倍近くとなる5万7000ドル(約701万円)以上が集まっている。

Wio Linkの開発ボード単体は12ドル(約1500円)。Groveのセンサやボタンなどをセットにしたパッケージも用意されている。

日本への出荷にも対応しているが、送料として別途5ドル(約600円)が必要。出荷は2016年3月以降となる見通しだ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る