新しいものづくりがわかるメディア

RSS


たった3ステップ、5分の操作でIoTアプリを開発できる「Wio Link」

たった3ステップ、設定時間5分でIoTアプリケーションを開発できるようになるとうたうIoTデバイス「Wio Link」がKickstarterで支援者を募集している。

Wio Linkを開発したのは、米サンフランシスコに本拠を構えるSeeed。Wio LinkはESP8266をベースに開発され、Wi-Fi機能を備えたオープンソースのIoT向けデバイスだ。

これまでIoTアプリケーションを構築するためには、電子工学やプログラミングなど、ハードウエアとソフトウエアの両面において幅広い専門知識と技術が必要だった。ところがWio Linkの設定に、プログラミングは必要ない。スマホ向けアプリなどを使用して、センサのタグをドラッグ、対応させるピンにドロップするなどの感覚的な操作で設定できるようになる。

Wio Linkはクラウド経由でファームウエアをコンパイルし、アップデートもWi-Fi経由で対応。クラウド上には、150以上のセンサ/アクチュエータ用Groveモジュールなどのハードウエアライブラリが用意されていて、ソフトウエアやアプリの開発をすぐに始められるようになっている。

さらに、IFTTTアプリにも対応。不在着信があったことを伝えるガジェット、指示を送るとペットにえさを与えてくれる装置などを開発できるようになるという。

Kickstarterでの出資目標額は2万ドル(約246万円)。12月7日時点で目標額の3倍近くとなる5万7000ドル(約701万円)以上が集まっている。

Wio Linkの開発ボード単体は12ドル(約1500円)。Groveのセンサやボタンなどをセットにしたパッケージも用意されている。

日本への出荷にも対応しているが、送料として別途5ドル(約600円)が必要。出荷は2016年3月以降となる見通しだ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  2. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  5. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表
  10. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る