新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Genkei、パラレルリンク機構採用のデルタ型3Dプリンタ「Trino2」を予約開始

Genkeiはパラレルリンク機構を採用したデルタ型3Dプリンタ「Trino2」の予約受付を開始した。定価は20万円(税別)だが、現在のところ先行予約特典で1万円引きの19万円(税別)で申し込み可能だ。

パラレルリンク機構とは、最新鋭の工作機械などにも導入され始めている機構。一般的な3Dプリンタでは直交軸の機構を採用し、射出ヘッドを動かす際、X軸・Y軸・Z軸の位置を決めるモーターをそれぞれ独立して動かしている。一方、パラレルリンク機構では常に3つのモーターを同時に、並列(パラレル)にリンクさせながら動かしてX・Y・Z軸の位置を決めることになる。

その結果、パラレルリンク機構採用の3Dプリンタでは、射出ヘッドの位置決めがより高速化し、モーターへの負荷も軽減。位置決め時の慣性によるブレを軽減し、より高精度の造形が可能になる。特に曲面の造形精度が向上し、人の目で見ても違いが分かるほど滑らかな造形になるという。

その他にTrino2では、Trinoのデザインを踏襲しつつ、要所を金属部品に変更して強度を上げた。ホットエンド部分には同社が提供する別シリーズの3Dプリンタ「TITAN」や「Lepton」にも使っている新型部品を採用。高温素材の射出にも十分耐えられるようになったとしている。 

本体サイズは340×350×610mm。造形エリアはXY平面が直径170mmとなり、Z軸方向に240mmほどまで積層可能だ。積層ピッチは0.025~0.3mm(0.4mmノズル時)で、プリントスピードは5~120mm/秒。PLA、PolyPlusPLA、PolyMaxPLA、TerramacPLA、導電性PLA、Flex PLA(ゴムライク)、ABS 、SmartABS、Nylonなど、さまざまな素材での射出に対応する。

製品の出荷は、2016年1月下旬以降になる見通し。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る