新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Genkei、パラレルリンク機構採用のデルタ型3Dプリンタ「Trino2」を予約開始

Genkeiはパラレルリンク機構を採用したデルタ型3Dプリンタ「Trino2」の予約受付を開始した。定価は20万円(税別)だが、現在のところ先行予約特典で1万円引きの19万円(税別)で申し込み可能だ。

パラレルリンク機構とは、最新鋭の工作機械などにも導入され始めている機構。一般的な3Dプリンタでは直交軸の機構を採用し、射出ヘッドを動かす際、X軸・Y軸・Z軸の位置を決めるモーターをそれぞれ独立して動かしている。一方、パラレルリンク機構では常に3つのモーターを同時に、並列(パラレル)にリンクさせながら動かしてX・Y・Z軸の位置を決めることになる。

その結果、パラレルリンク機構採用の3Dプリンタでは、射出ヘッドの位置決めがより高速化し、モーターへの負荷も軽減。位置決め時の慣性によるブレを軽減し、より高精度の造形が可能になる。特に曲面の造形精度が向上し、人の目で見ても違いが分かるほど滑らかな造形になるという。

その他にTrino2では、Trinoのデザインを踏襲しつつ、要所を金属部品に変更して強度を上げた。ホットエンド部分には同社が提供する別シリーズの3Dプリンタ「TITAN」や「Lepton」にも使っている新型部品を採用。高温素材の射出にも十分耐えられるようになったとしている。 

本体サイズは340×350×610mm。造形エリアはXY平面が直径170mmとなり、Z軸方向に240mmほどまで積層可能だ。積層ピッチは0.025~0.3mm(0.4mmノズル時)で、プリントスピードは5~120mm/秒。PLA、PolyPlusPLA、PolyMaxPLA、TerramacPLA、導電性PLA、Flex PLA(ゴムライク)、ABS 、SmartABS、Nylonなど、さまざまな素材での射出に対応する。

製品の出荷は、2016年1月下旬以降になる見通し。 

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る