新しいものづくりがわかるメディア

RSS


前年比45%で拡大の金属3Dプリンタ市場、西欧が成長を牽引

調査会社の英CONTEXTによると、2015年7~9月期における金属3Dプリンタ市場は、世界全体で前年比45%の成長となった。同社が別のレポートなどで産業/プロフェッショナル向けの3Dプリンタ市場は頭打ちになっていると報告する一方、金属3Dプリンタ市場は順調に拡大を続けているようだ。

2015年7~9月期、産業/プロフェッショナル向け3Dプリンタ市場については、北米地域が依然として世界最大の市場であることは変わらず、44%のシェアを占めた。

一方で、金属3Dプリンタの分野に限ってみると、市場の成長を牽引しているのは西ヨーロッパだ。金属3Dプリンタの需要が伸びており、7~9月期に出荷された金属3Dプリンタのうち、56%以上が西ヨーロッパ向けの出荷となった。特に金属3Dプリンタの開発・改良に力を入れるドイツ企業の影響が強いとしている。

業界別に見ると、宇宙航空業界や自動車業界、医療業界などが金属3Dプリンタを活用している。同社は、これらの分野が金属3Dプリンタを好んで利用する背景について、多様なカスタマイズが可能なこと、少量生産に向くこと、精巧な部品が製造可能であることなどを挙げている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る