新しいものづくりがわかるメディア

RSS


前年比45%で拡大の金属3Dプリンタ市場、西欧が成長を牽引

調査会社の英CONTEXTによると、2015年7~9月期における金属3Dプリンタ市場は、世界全体で前年比45%の成長となった。同社が別のレポートなどで産業/プロフェッショナル向けの3Dプリンタ市場は頭打ちになっていると報告する一方、金属3Dプリンタ市場は順調に拡大を続けているようだ。

2015年7~9月期、産業/プロフェッショナル向け3Dプリンタ市場については、北米地域が依然として世界最大の市場であることは変わらず、44%のシェアを占めた。

一方で、金属3Dプリンタの分野に限ってみると、市場の成長を牽引しているのは西ヨーロッパだ。金属3Dプリンタの需要が伸びており、7~9月期に出荷された金属3Dプリンタのうち、56%以上が西ヨーロッパ向けの出荷となった。特に金属3Dプリンタの開発・改良に力を入れるドイツ企業の影響が強いとしている。

業界別に見ると、宇宙航空業界や自動車業界、医療業界などが金属3Dプリンタを活用している。同社は、これらの分野が金属3Dプリンタを好んで利用する背景について、多様なカスタマイズが可能なこと、少量生産に向くこと、精巧な部品が製造可能であることなどを挙げている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る