新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D CADを使った機械製図の入門書「基礎から学ぶ機械製図」発刊

SBクリエイティブは、Si新書シリーズより「基礎から学ぶ機械製図 3Dプリンタを扱うための3D CAD製図法」を発売した。著者は宮城教育大学教育学部技術教育講座准教授の門田和雄氏で、価格は1100円(税別)。

photo

本書は、3D CADを使ってオリジナル製品を製作できるようになることを、目的の一つとしている。

設計や工作に関する幅広い知識や技術が必要とされる機械製図を読者に身に付けてもらうため、文字の表し方や図形の表し方といった機械製図の基礎知識から、3Dプリンタへの出力、3D CADを応用した解析までを取り上げている。

門田氏はファブラボ関内のディレクターを務め、本書の他に講談社のブルーバックスシリーズより発刊の「門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか」(860円・税別)も執筆している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る