新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D CADを使った機械製図の入門書「基礎から学ぶ機械製図」発刊

SBクリエイティブは、Si新書シリーズより「基礎から学ぶ機械製図 3Dプリンタを扱うための3D CAD製図法」を発売した。著者は宮城教育大学教育学部技術教育講座准教授の門田和雄氏で、価格は1100円(税別)。

photo

本書は、3D CADを使ってオリジナル製品を製作できるようになることを、目的の一つとしている。

設計や工作に関する幅広い知識や技術が必要とされる機械製図を読者に身に付けてもらうため、文字の表し方や図形の表し方といった機械製図の基礎知識から、3Dプリンタへの出力、3D CADを応用した解析までを取り上げている。

門田氏はファブラボ関内のディレクターを務め、本書の他に講談社のブルーバックスシリーズより発刊の「門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか」(860円・税別)も執筆している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る