新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D CADを使った機械製図の入門書「基礎から学ぶ機械製図」発刊

SBクリエイティブは、Si新書シリーズより「基礎から学ぶ機械製図 3Dプリンタを扱うための3D CAD製図法」を発売した。著者は宮城教育大学教育学部技術教育講座准教授の門田和雄氏で、価格は1100円(税別)。

photo

本書は、3D CADを使ってオリジナル製品を製作できるようになることを、目的の一つとしている。

設計や工作に関する幅広い知識や技術が必要とされる機械製図を読者に身に付けてもらうため、文字の表し方や図形の表し方といった機械製図の基礎知識から、3Dプリンタへの出力、3D CADを応用した解析までを取り上げている。

門田氏はファブラボ関内のディレクターを務め、本書の他に講談社のブルーバックスシリーズより発刊の「門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか」(860円・税別)も執筆している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る