新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Linux Foundation、IoT向けリアルタイムOSの共同開発プロジェクト「Zephyr」を発表

Linux Foundationは、IoTデバイス向けリアルタイムOS(RTOS)の共同開発プロジェクト「Zephyr」を発表した。

photo

機器の制御に使うRTOSには、高度な割込処理とジッタ(処理・応答時間のばらつき)を抑えるプロセス管理が必要となる。この面でLinuxは組み込みOSとして評価を得ているが、IoTの用途では極めて小さいメモリでこれを実現することが求められるケースもある。Zephyrはこうしたニーズに応えるもので、わずか8Kバイトのメモリがあれば実行できる。

プラットフォームとしては、Arduino 101、 Arduino Due、Intel Galileo Gen 2、NXP FRDM-K64F Freedomボードをサポート。通信方式は、Bluetooth、 BLE(Bluetooth Low Energy)、IEEE 802.15.4に対応する。サポートするプラットフォームと通信方式は、今後さらに拡大する方針だ。

Zephyrの取り組みは、Intel、NXP Semiconductors、Synopsyx、UbiquiOS Technologyの4社が支援している。他の企業の参加も募集中だという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  2. 視線を外さずに運転できる——後付けタイプのヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」
  3. 記念すべき瞬間を永遠に——2738年間カウントをつづけるパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」
  4. GoF studio(東京都台東区)
  5. 自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」
  6. 500dpiで刻印できる——40/50W密閉型CO2レーザー加工機「Beambox」
  7. ひと目でときめく小さな世界——「田中智 ミニチュアワールド—Face to Face もっとそばに—」(銀座)
  8. アイ・オー・データ機器、Raspberry Pi標準OSプリインストールmicroSDカード「UD-RPSDRB」発売
  9. Raspberry Piの実験や制作に——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi用拡張基板5種発売
  10. きっかけはトラブルだった——旅館の食事に欠かせない「例の青い固形燃料」が生まれた理由

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る