新しいものづくりを応援するメディア

RSS


Linux Foundation、IoT向けリアルタイムOSの共同開発プロジェクト「Zephyr」を発表

Linux Foundationは、IoTデバイス向けリアルタイムOS(RTOS)の共同開発プロジェクト「Zephyr」を発表した。

photo

機器の制御に使うRTOSには、高度な割込処理とジッタ(処理・応答時間のばらつき)を抑えるプロセス管理が必要となる。この面でLinuxは組み込みOSとして評価を得ているが、IoTの用途では極めて小さいメモリでこれを実現することが求められるケースもある。Zephyrはこうしたニーズに応えるもので、わずか8Kバイトのメモリがあれば実行できる。

プラットフォームとしては、Arduino 101、 Arduino Due、Intel Galileo Gen 2、NXP FRDM-K64F Freedomボードをサポート。通信方式は、Bluetooth、 BLE(Bluetooth Low Energy)、IEEE 802.15.4に対応する。サポートするプラットフォームと通信方式は、今後さらに拡大する方針だ。

Zephyrの取り組みは、Intel、NXP Semiconductors、Synopsyx、UbiquiOS Technologyの4社が支援している。他の企業の参加も募集中だという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  2. これであなたも人気者!ハッピーをまき散らせるDIYバズーカ
  3. 片手でモンスターボールを投げるための装置 #ポケモンGO
  4. スーパーで部品になるお菓子を探す…!
  5. 個人情報の保護と思い出を成仏させるために、SDカードを仏像に閉じ込める
  6. 生命の輝きを機械と漫画で体感する「プリンをプルプルさせるマシン」
  7. 初代はいつもデカくて重い。でも欲しかったポータブルプレーヤー 「SONY Mini Disc Player MZ-2P(MD Walkman)」
  8. Webベースで電子回路を設計できる——「Autodesk Circuitsで学ぶ 電子工作入門」発刊
  9. 高精細のマルチカラープリントが可能なFFF方式3Dプリンタ「NIX...」
  10. 世界のベンチャーに対して見せた、日本製造業の可能性 —HWTrekのAsia Innovation Tour 世界のサプライチェーンレポート—

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る