新しいものづくりを応援するメディア

RSS


Linux Foundation、IoT向けリアルタイムOSの共同開発プロジェクト「Zephyr」を発表

Linux Foundationは、IoTデバイス向けリアルタイムOS(RTOS)の共同開発プロジェクト「Zephyr」を発表した。

photo

機器の制御に使うRTOSには、高度な割込処理とジッタ(処理・応答時間のばらつき)を抑えるプロセス管理が必要となる。この面でLinuxは組み込みOSとして評価を得ているが、IoTの用途では極めて小さいメモリでこれを実現することが求められるケースもある。Zephyrはこうしたニーズに応えるもので、わずか8Kバイトのメモリがあれば実行できる。

プラットフォームとしては、Arduino 101、 Arduino Due、Intel Galileo Gen 2、NXP FRDM-K64F Freedomボードをサポート。通信方式は、Bluetooth、 BLE(Bluetooth Low Energy)、IEEE 802.15.4に対応する。サポートするプラットフォームと通信方式は、今後さらに拡大する方針だ。

Zephyrの取り組みは、Intel、NXP Semiconductors、Synopsyx、UbiquiOS Technologyの4社が支援している。他の企業の参加も募集中だという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 愛娘との時間がサラリーマンをスタートアップに変えた——BLINCAM開発秘話
  2. 3Dスキャナの性能が劇的に向上する「ポンタスキャナプログラム」——CAMPFIREに登場
  3. ユカイ工学CTOが語る部品製造や商品の量産を依頼する企業選びのポイント
  4. Raspberry Piの拡張ボード「Apple Pi」、IoT実験用コンピュータの製作を可能に
  5. 真夏のお台場を熱くするMakerの祭典Maker Faire Tokyo 2016 レポート
  6. 3Dプリンタの活用アイデアを発掘——第2回「3D-Business Digging Festival」開催
  7. 3DプリントでPCパーツをカスタマイズするコンテスト「LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST」開催
  8. センサ20種類以上を搭載、高精度造形でも高速造形が可能な3Dプリンタ「M3D Pro」
  9. 研磨や彫刻などの仕上げ作業が容易な3Dプリント用フィラメント「Cx5」
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る