新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スペインメーカーBQ製の3Dプリンタ「Witbox 2」、日本で販売開始

スマートフォンやタブレットなどを手掛けるスペインメーカーBQの開発した3Dプリンタ「Witbox 2」が、日本で販売開始した。Witbox日本総代理店のミズホコーポレーションが運営するサイトでの価格は、37万5000円(税別)となっている。

Witbox 2は「家庭でのプリンティングをプロフェッショナル品質で」とうたう3Dプリンタ。従来版のWitboxは、3D Hubsがとりまとめた「3Dプリンタガイド2015(3D Printer Guide 2015)」において、「熱狂的ファンを持つ」カテゴリの上位にランクインした製品だ。

Witbox 2では、押出器にDouble Drive Gearトラクションシステムを採用。2つのギアホイールによってフィラメントに適切な圧力を掛けることで、フィラメントが詰まりにくくなるように改良したという。PLA、FilaFlexの他に、ブロンズ、ウッド、銅などの素材に対応している。

その他にも、押出器とプリントベッドの距離を高精度に計測するという誘導型センサを備え、オートレベリング機能も搭載した。

最大造形サイズは297×210×200mm、解像度は0.05~0.3mmで、推奨プリント速度は60mm/秒。フィラメント径は1.75mm、ノズル径は0.4mmとなっている。

photo 3Dプリント例1
photo 3Dプリント例2

ミズホコーポレーションのサイトでは、日本の電源に対応するケーブルと日本語の簡易マニュアルを添付した動作検証済みのWitbox 2を販売中。現在は台数限定で、Witbox 2本体1台とフィラメント3ロールがセットになって、価格据え置きの37万5000円(税別)で販売されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る