新しいものづくりがわかるメディア

RSS


耳から浮かせて装着、圧迫感のないオープンエア型ヘッドフォン「VIE SHAIR」

耳を圧迫しないで高音質なオープンエア型ヘッドフォン「VIE SHAIR」のプロジェクトがKickstarterで進行中だ。同プロジェクトを立ち上げた企業はVie Styleで、ユカイ工学、ホウメイ、五光発條などの日本企業が同製品の開発に携わっている。

photo

VIE SHAIRは、AIR FRAMEという独自のフレームでスピーカーを耳から浮かせる構造が特徴だ。同製品を用いれば、耳の圧迫による痛みやストレスを低減できるばかりか、使用中に外部の音を聞き取れるようになるという。周囲の音を遮断したい場合には、フレームを交換することで耳を完全にふさげる。

photo
photo

VIE SHAIRはBLE通信で音声データをやりとりするため、ワイヤレスでの使用が可能。ON AIRモードという機能を使えば、音楽を半径30m以内にある他のVIE SHAIRと共有できる。

また、指向性平面スピーカーやヤマハのオーディオコーデック「MACH−5」を搭載。5種類のカラーから自由に設定できるLED、好みに合わせて音質を調整できる3バンドイコライザなども備えている。

各機能は、開発元が提供する専用アプリで設定可能だ。

photo

VIE SHAIRは2016年4月23日までクラウドファンディングを実施。3月11日時点では、目標額の15万ドル(約1700万円)に対して、約5万3000ドル(約600万円)を集めている。

希望小売価格は399ドル(約4万5000円)で、早期割引適用価格は199ドル(約2万2000円)。出荷は2016年11月の予定で、日本への送料は25ドル(約3000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る