新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アジア太平洋地域の3Dプリンタ市場は2019年に43億ドル規模へ拡大——IDC予測

米調査会社IDCは、日本を除くアジア太平洋地域の3Dプリンタ市場が年平均23%で成長し、2019年までに43億ドル(約4900億円)規模へ拡大すると予測した。

同社によると、アジア太平洋地域で3Dプリンタ市場を牽引している産業はディスクリート型製造業だという。ディスクリート型製造業における3Dプリンタへの投資額は、2015年に市場の60%以上を占めた。IDCは、投資額が2015〜2019年の間に年平均15%で増加すると見込んでいる。

一方で、航空宇宙産業や軍事産業での投資額は市場の20%以上だった。IDCは、中国やシンガポールを中心とする航空産業の拡大に伴って、3Dプリンタへの投資額が2019年までに5億5000万ドル(約627億円)に達すると見ている。

同社は、歯科医療分野の投資額が2019年までに年平均26%で成長するとも予測する。IDCのRachel Selvaranee氏は「アジア太平洋地域では、海外市場の需要に応えるための歯科医療向け商用3Dプリント設備に成長が見られる」と語っている。

国別では、第13次5カ年計画でハイテク製造部門の競争力強化を進める中国が今後3Dプリンタ市場を牽引すると見込む。中国は3Dプリンタを学校へ導入し、3Dプリント技術の知識を持つ人材を育成している。

IDCのRubal Sabharwal氏は「3Dプリンティングは、航空宇宙産業から全く新しい分野まで、品質、精度、速度の向上を可能にするための優れた方法となる。私たちの調査結果によると、3Dプリント技術の利用は、小売業、食品加工業でも見られるようになる」とコメントしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る