新しいものづくりがわかるメディア

RSS


米Gartner、2017~18年に注目すべきIoTテクノロジートップ10を発表

米調査会社Gartnerが、IoTの潜在価値をフルに引き出すために必要となる10のテクノロジーを発表した。今後2年間で、IoTを活用するあらゆる組織はこうした新たなIoTテクノロジーや技術を獲得すべきだと指摘している。

同社の副社長兼最上級アナリストであるNick Jones氏は、「IoTでは広範囲の新しいテクノロジーとスキルが求められているが、多くの組織はまだこれらをマスターしていない」と指摘する。

また、IoTに関するテクノロジーやサービス、さらにそれを提供するベンダーが未成熟という課題があること、それを考慮し想定されるリスクを管理することが、IoTに取り組む組織にとって重要なチャレンジになるという。

同社は、IoTのテクノロジーと根本原理は極めて幅広く組織にインパクトを与えると同時に、ビジネス戦略やリスクマネジメント、またアーキテクチャやネットワーク設計など幅広い技術領域にも影響するとしている。2017~18年に注目すべきIoTテクノロジーのトップ10は次の通り:

  1. IoTセキュリティ
  2. IoTアナリティクス
  3. IoTデバイス (モノ) 管理
  4. 省電力短距離IoTネットワーク
  5. 省電力WAN
  6. IoT向けプロセッサ
  7. IoT向けOS
  8. イベントストリーム処理
  9. IoTプラットフォーム
  10. IoTの標準化とエコシステム

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る