新しいものづくりがわかるメディア

RSS


米Gartner、2017~18年に注目すべきIoTテクノロジートップ10を発表

米調査会社Gartnerが、IoTの潜在価値をフルに引き出すために必要となる10のテクノロジーを発表した。今後2年間で、IoTを活用するあらゆる組織はこうした新たなIoTテクノロジーや技術を獲得すべきだと指摘している。

同社の副社長兼最上級アナリストであるNick Jones氏は、「IoTでは広範囲の新しいテクノロジーとスキルが求められているが、多くの組織はまだこれらをマスターしていない」と指摘する。

また、IoTに関するテクノロジーやサービス、さらにそれを提供するベンダーが未成熟という課題があること、それを考慮し想定されるリスクを管理することが、IoTに取り組む組織にとって重要なチャレンジになるという。

同社は、IoTのテクノロジーと根本原理は極めて幅広く組織にインパクトを与えると同時に、ビジネス戦略やリスクマネジメント、またアーキテクチャやネットワーク設計など幅広い技術領域にも影響するとしている。2017~18年に注目すべきIoTテクノロジーのトップ10は次の通り:

  1. IoTセキュリティ
  2. IoTアナリティクス
  3. IoTデバイス (モノ) 管理
  4. 省電力短距離IoTネットワーク
  5. 省電力WAN
  6. IoT向けプロセッサ
  7. IoT向けOS
  8. イベントストリーム処理
  9. IoTプラットフォーム
  10. IoTの標準化とエコシステム

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る