新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リコーがヘルスケア事業に参入——バイオ3Dプリンタや3次元マルチ分光カメラなどを開発

リコーは、産業用インクジェットプリンタで培った技術を活用したバイオ3Dプリンタや3次元マルチ分光カメラの開発などを通して、ヘルスケア分野に事業参入することを発表した。その一環として、画像診断装置事業の事業展開/研究開発を加速するため、横河電機から脳磁計事業を譲り受ける。

同社はこれまでにも、ヘルスケア分野に関するさまざまな機器の開発を行ってきた。重点領域のひとつとするバイオメディカル領域では、nano tech 2016に出展されたバイオ3Dプリンタがある。これは、生体細胞と細胞用インクを混合して吐出することで、自由にデザインしたヒトの組織モデルを構築できるというもの。ヒトの生体機能を体外で再現することで、医療の安全性評価や創薬への支援が期待されている。

また、メディカルイメージング領域では、3次元マルチ分光カメラと生体磁気計測装置(脊磁計)を開発する。nano tech 2015に出展された3次元マルチ分光カメラは、被写体がもつ分光情報を取得することができるカメラ。波長に対する光の強度分布(スペクトル)や色度をリアルタイムに算出して、必要な分光情報を高精度に取得できるものだ。例えば鼓膜の状態など人体の見えにくい部分でも正確な色情報とともに可視化できる。

生体磁気計測装置(脊磁計)は、神経活動により生じる生体磁気を可視化するものだが、横河電機から事業譲渡を受ける脳磁計も原理的には同じだ。神経活動によって脳から生じる磁気をとらえて脳の状態を把握するものとして、てんかんの診断などに活用されている。

同社は今後、ヘルスケアIT、メディカルイメージング、バイオメディカルの重点領域で、500億円規模の事業の拡大を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る