新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デアゴスティーニ「週刊マイ3Dプリンター」全55号の刊行が完了——約2万3000台の3Dプリンタが完成

デアゴスティーニ・ジャパンは、2014年9月16日から発売していた「週刊マイ3Dプリンター」全55号の刊行を1月26日に完了した。

photo

週刊マイ3Dプリンターに毎号付属するパーツを組み立てることで、軽量コンパクトなFFF方式3Dプリンタ「idbox!」が完成する。

同社によると、週刊マイ3Dプリンターによって、国内で約2万3000台のidbox!が完成し、これはコンシューマ向け3Dプリンタとして国内No.1のシェアだとしている。

週刊マイ3Dプリンターは、日本のみならずイギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、台湾で刊行中だ。4月には香港での発売を予定している。

また、続編として「マイ3Dプリンター プリント実践編(全20号)」を2月2日より刊行中だ。毎号フィラメントが付属し、3Dプリンティングのコツやテクニックを紹介している。価格は各号1499円だ。

本シリーズ購読者向けにオープンしていた関連商品販売サイトは、すべての3Dプリンタユーザー向けにオンラインショップ「3Dプリンターマーケット」としてリニューアルした。3Dプリンターマーケットでは、高品質なフィラメントセットや、3D出力データを作成できる簡易版ハンディスキャナ、ペンタブレットなどのほか、オリジナルプラットフォームシートなど、作品作りに役立つアイテムを取り揃えている。

また同社では「買い逃した!」などの声を受け、同社の模型SNS/EC サイト「ホビコム」にて、全号まとめ買いキャンペーンを展開している。

関連して、港区六本木のTECHLAB(テックラボ)にて3月4日より約2カ月間、idbox!の出力デモンストレーションや、3Dプリンターマーケットの商品展示などが行われている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る