新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デアゴスティーニ「週刊マイ3Dプリンター」全55号の刊行が完了——約2万3000台の3Dプリンタが完成

デアゴスティーニ・ジャパンは、2014年9月16日から発売していた「週刊マイ3Dプリンター」全55号の刊行を1月26日に完了した。

photo

週刊マイ3Dプリンターに毎号付属するパーツを組み立てることで、軽量コンパクトなFFF方式3Dプリンタ「idbox!」が完成する。

同社によると、週刊マイ3Dプリンターによって、国内で約2万3000台のidbox!が完成し、これはコンシューマ向け3Dプリンタとして国内No.1のシェアだとしている。

週刊マイ3Dプリンターは、日本のみならずイギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、台湾で刊行中だ。4月には香港での発売を予定している。

また、続編として「マイ3Dプリンター プリント実践編(全20号)」を2月2日より刊行中だ。毎号フィラメントが付属し、3Dプリンティングのコツやテクニックを紹介している。価格は各号1499円だ。

本シリーズ購読者向けにオープンしていた関連商品販売サイトは、すべての3Dプリンタユーザー向けにオンラインショップ「3Dプリンターマーケット」としてリニューアルした。3Dプリンターマーケットでは、高品質なフィラメントセットや、3D出力データを作成できる簡易版ハンディスキャナ、ペンタブレットなどのほか、オリジナルプラットフォームシートなど、作品作りに役立つアイテムを取り揃えている。

また同社では「買い逃した!」などの声を受け、同社の模型SNS/EC サイト「ホビコム」にて、全号まとめ買いキャンペーンを展開している。

関連して、港区六本木のTECHLAB(テックラボ)にて3月4日より約2カ月間、idbox!の出力デモンストレーションや、3Dプリンターマーケットの商品展示などが行われている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  5. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  6. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  7. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発
  8. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  9. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  10. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る