新しいものづくりを応援するメディア

RSS


デアゴスティーニ「週刊マイ3Dプリンター」全55号の刊行が完了——約2万3000台の3Dプリンタが完成

デアゴスティーニ・ジャパンは、2014年9月16日から発売していた「週刊マイ3Dプリンター」全55号の刊行を1月26日に完了した。

photo

週刊マイ3Dプリンターに毎号付属するパーツを組み立てることで、軽量コンパクトなFFF方式3Dプリンタ「idbox!」が完成する。

同社によると、週刊マイ3Dプリンターによって、国内で約2万3000台のidbox!が完成し、これはコンシューマ向け3Dプリンタとして国内No.1のシェアだとしている。

週刊マイ3Dプリンターは、日本のみならずイギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、台湾で刊行中だ。4月には香港での発売を予定している。

また、続編として「マイ3Dプリンター プリント実践編(全20号)」を2月2日より刊行中だ。毎号フィラメントが付属し、3Dプリンティングのコツやテクニックを紹介している。価格は各号1499円だ。

本シリーズ購読者向けにオープンしていた関連商品販売サイトは、すべての3Dプリンタユーザー向けにオンラインショップ「3Dプリンターマーケット」としてリニューアルした。3Dプリンターマーケットでは、高品質なフィラメントセットや、3D出力データを作成できる簡易版ハンディスキャナ、ペンタブレットなどのほか、オリジナルプラットフォームシートなど、作品作りに役立つアイテムを取り揃えている。

また同社では「買い逃した!」などの声を受け、同社の模型SNS/EC サイト「ホビコム」にて、全号まとめ買いキャンペーンを展開している。

関連して、港区六本木のTECHLAB(テックラボ)にて3月4日より約2カ月間、idbox!の出力デモンストレーションや、3Dプリンターマーケットの商品展示などが行われている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Wi-Fi搭載のIoT向けLinuxコンピュータ「Omega2」
  2. 経済産業省に聞く——日本のハードウェアスタートアップに立ちはだかる3つの課題とは
  3. 3万円台で金属パーツを採用——FFF方式3Dプリンタ「Trinus」発売
  4. XYZプリンティング、3Dプリンタの新シリーズ「ダヴィンチ miniシリーズ」発売
  5. Raspberry Pi 3を使った自作IoT体験キット「KURO-IOTEXP/KIT3」
  6. 3Dプリントを視野に入れたモデリングの基本が学べる「Fusion 360 モデリング・マスター」発刊
  7. Raspberry Piの拡張ボード「Apple Pi」、IoT実験用コンピュータの製作を可能に
  8. 「Raspberry Pi Zero」の新版「V1.3」、カメラモジュールとの接続が可能に
  9. 初音ミクにオリジナルダンスを——ユカイ工学、「iDoll」の動きを作成できるエディット機能を公開
  10. IoT対応切削加工機「3D-Mill K-650」が「SORACOM Gate」に対応——セキュアなリモートアクセスが可能に

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る