新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3DプリンタからWi-Fi経由で1クリック出力——オープンクラウドプラットフォーム「Fabbop」

ビトムは、3Dプリンタオープンクラウドプラットフォーム「Fabbop(ファボップ)」のベータ版をリリースした。

photo

Fabbopは、同社が3Dプリンタオープンクラウドプラットフォームと呼ぶクラウドサービスの総称だ。3Dデータのアップロードから3Dプリンタへの出力までの一連の作業を自動化するクラウドアプリケーション「Fabbop Cloud」と、3Dプリンタをインターネットに接続する専用デバイス「Fabbop Cast」などから構成されている。Fabbop Castと3Dプリンタは、付属するUSBケーブルで接続するだけとシンプルだ。

同社によると、3Dプリンタを活用するには、専門的なプリント設定(3Dデータを3Dプリンタで印刷できるGコードに変換するためのスライス設定など)が必要となる。このプロセスをクラウド上のFabbop Cloudで自動化することで、誰でも簡単に3Dプリンタを使えるようになるとしている。

さらに、Fabbop Castで接続した3Dプリンタは複数のクライアントが共有できるため、ファブ施設/教育施設/オフィスなど1台の3Dプリンタを複数人で利用する場合にも適しているという。また、Fabbop Castは、オープンソースハードウェアとして作り方を公開する予定だとしている。

クラウドにアップロードした3Dデータは他のユーザーと共有化できるため、同社は今後、Fabbop上に3Dプリンタを使った多くの「創って遊ぶ体験」を集めて公開していくとしている。これにより、ユーザーが見つけた面白い使い方や企画をFabbop上から世の中にシェア/発信するのが狙いだ。

同社は、今回のリリース特典としてFabbop Castを30人に無料配布をするとしており、Fabbopのウェブサイトで募集中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る