新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CONTEXT、2015年の3Dプリンタ世界市場シェアを発表——XYZプリンティングが首位に

IT調査会社のCONTEXTが発表した調査結果によると、2015年10~12月期の3Dプリンタ世界総出荷台数は7万3012台で、前年同期比19%の増加となった。

出荷台数のうち96%は、5000ドル(約55万円)以下のデスクトップ/パーソナル3Dプリンタが占めた。同調査によると、デスクトップ/パーソナル3Dプリンタは前年同期比で22%の増加となった。対して、BtoB向けプロフェッショナル3Dプリンタの総出荷台数は2907台で、前年同期比で24%の減少となった。

2015年全体でみると、3Dプリンタの総出荷台数は30%の増加となった。デスクトップ/パーソナル3Dプリンタが33%の増加に対し、プロフェッショナル3Dプリンタが9%の減少となった。

photo トップ5(出荷台数ベース)

メーカー別出荷台数でみると、デスクトップ/パーソナル3Dプリンタにおいて大きなシェアを獲得したXYZプリンティングが首位となった。10~12月期は2位のM3Dの出荷台数と比べても3倍以上となる2万1800台を出荷し、シェアは31%を占めた。また2015年全体では5万100台を出荷し、台数ベースで21%のシェアとなった。

photo トップ5(売上額ベース)

一方、2015年の売上額ベースのランキングでは、Stratasysがトップでシェア34%を占めた。

それでも2013年にMakerBotを買収したStratasysと、Cubifyを販売する3D Systemsといったメーカーの売上は減少傾向にあり、これに代わってXYZプリンティングやM3Dといった新興企業が台頭しつつあると同調査では分析している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  2. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  3. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  4. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  5. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  6. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 右手っぽく握ったり開いたりするロボットハンド
  9. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  10. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る