新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CONTEXT、2015年の3Dプリンタ世界市場シェアを発表——XYZプリンティングが首位に

IT調査会社のCONTEXTが発表した調査結果によると、2015年10~12月期の3Dプリンタ世界総出荷台数は7万3012台で、前年同期比19%の増加となった。

出荷台数のうち96%は、5000ドル(約55万円)以下のデスクトップ/パーソナル3Dプリンタが占めた。同調査によると、デスクトップ/パーソナル3Dプリンタは前年同期比で22%の増加となった。対して、BtoB向けプロフェッショナル3Dプリンタの総出荷台数は2907台で、前年同期比で24%の減少となった。

2015年全体でみると、3Dプリンタの総出荷台数は30%の増加となった。デスクトップ/パーソナル3Dプリンタが33%の増加に対し、プロフェッショナル3Dプリンタが9%の減少となった。

photo トップ5(出荷台数ベース)

メーカー別出荷台数でみると、デスクトップ/パーソナル3Dプリンタにおいて大きなシェアを獲得したXYZプリンティングが首位となった。10~12月期は2位のM3Dの出荷台数と比べても3倍以上となる2万1800台を出荷し、シェアは31%を占めた。また2015年全体では5万100台を出荷し、台数ベースで21%のシェアとなった。

photo トップ5(売上額ベース)

一方、2015年の売上額ベースのランキングでは、Stratasysがトップでシェア34%を占めた。

それでも2013年にMakerBotを買収したStratasysと、Cubifyを販売する3D Systemsといったメーカーの売上は減少傾向にあり、これに代わってXYZプリンティングやM3Dといった新興企業が台頭しつつあると同調査では分析している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  10. 紫外線照射でゴム状に硬化、乾燥時間いらずの接着剤「UVBondyゴム状硬化」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る