新しいものづくりがわかるメディア

RSS


宇宙にまいど!——大阪にロケット発射基地を作るプロジェクトがスタート

創機システムズは、パルコとミュージックセキュリティーズが共同運営するクラウドファンディング「BOOSTER」にて、教育用のロケット基地を作るプロジェクトの出資者募集を開始した。

photo

同社は、東大阪にてロケット関連機器の製品開発/販売を行っている。動画は「夢をあきらめない」というメッセージを伝えるためにUHA味覚糖と共同で行った、世界初のキャンディでハイブリッドロケットを飛ばす「Candy Rocketプロジェクト」だ。

Candy Rocket Project

今回のプロジェクトは、「物事を多面的にとらえ、要素技術だけではなく、システム全体を理解する技術」を習得した人材の育成を目指し、教育用ロケットの開発、発射、人材教育拠点を大阪に作るというもの。宇宙開発を身近なものにしたいという思いから、プロジェクト名は「宇宙にまいど!大阪にロケット発射基地をつくりたい!」としたという。

photo

同社が使用するモデルロケットは全長約 180cm、直径 15cm、重さ約 7kg、ゴムを酸素と亜酸化窒素で燃やして推進力を得るハイブリッド燃料を使用する。高さ約 200mまで打ち上がり、最大高度でパラシュートと模擬衛星を射出、安全に回収できる仕様だという。

出資者募集期間は2016年5月16日から2016年7月10日までで、目標金額は200万円。5万円の出資者にはロケット打ち上げ合宿参加チケット、10万円の出資者にはロケットランチャーに銘板を取り付ける権利、20万円の出資者にはオーダーメイドロケットをつくって発射する権利といったリターンを予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る